こんばんは。今日は18時から初回面談。今日は地方から来てくれた方。話を詳しく聞いてみると、以前から東京でナイトワークをしてみたいと思っていて、夏の旅行がてら六本木までお店探しにきてくれました。気に入ったお店があれば、東京の友達の家に住めるのですぐにでも働けるとのこと。そんな今日の女性に合いそうなお店を何店舗かご提案すると、六本木のニュークラブ『リブレット』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

リブレット0
リブレットは『チック』、『ミトス』、『ミュゼルヴァ』などが入る六本木で1番の高級ビルにあります。私たちがここからお店に入ると、男性スタッフが出迎えてくれてメインルームに案内していただきました。

リブレット
女性がここで面接用紙を記入していると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。

リブレットは、全国でナイトワークのお店を展開している業界最大手企業INSOU東日本(株)が経営するお店。六本木のニュークラブ『ミュゼルヴァ』の姉妹店というコンセプトで、9月23日にプレオープン、9月26日がグランドオープンになります。

リブレット
リブレットの給与システムは指名と同伴のポイント制。本指名は1時間1P、場内指名は0.5P、同伴は21時までの入店で2P、21時以降の入店は1Pになります。これを毎月どれだけ獲得できるかで時給がスライドする完全実力主義になっています。これが基本ではあるのですが、女性の得意とする営業スタイルに合わせ給与システムはカスタマイズすることが可能になっています。例えば、ルックスの評価が高く出勤しているだけでお店の華になる女性は長期高額保証時給で、売上のある女性は売上を重視したポイント制で、など女性の個性を活かしてくれる給与体系を提案してくれます。

リブレット
リブレットは日替わりでピアノ、ギター、サックス、バイオリンのライブが楽しめるのも魅力のひとつ。1回30分のライブを1日3公演行い、プロの演奏家がクラシックな世界へといざなってくれます。現在、演奏家のオーディションを開催している最中で、リブレットにふさわしい演奏家がまもなく選抜されます。

店内はメインルーム、VIPルーム、ロイヤルVIPルームという造りになっています。VIPルームは階段を上がった舞台のような場所にあるのですが、実はここ一番目立つ場所なので、気前よくボトルを空けるお客さんには好評なんですよね。誰の目も気にせず遊びたいお客さんには個室のロイヤルVIPルーム。リーズナブルに飲みたいお客さんはメインルームと、店内は様々なお客さんに対応できる造りになっていました。

リブレット
これはロイヤルVIPルームの写真。この部屋はモニターが2つありカラオケができるようになっています。

これだけ豪華なロイヤルVIPルームがあるのに、リブレットの女性は私服OK。規定がありカジュアルすぎてはダメですが、下はショートパンツでもOKになっています。髪の毛は基本自由ですが、店内には2名のヘアメイクさんが常駐しています。ちょっと綺麗に見せたい日は1回2000円で利用可能(同伴時は1500円、体験入店時は1000円)。セットが終わり、接客中に髪形が乱れてきたら何度でもやり直しができます。

リブレット
これはもう一つのロイヤルVIPルーム。こちらは70インチはある大型モニターがあり、やはりカラオケができるようになっていました。

店内はすべてが豪華な仕様になっています。それもそのはず、リブレットは六本木でも一番家賃が高いビルにあり、しかも1階の路面店。立地から他店とはお金のかけ方が違います。

リブレットは全国的に知名度があるナイトワークの最大手企業INSOU東日本(株)が経営するお店。だから、入店希望者が全国からやってくる傾向があります。なので、会いたくない女性がいたり、お客さんがかぶってたり、しがらみがあったり、そういうリスクが少ないのも地元店にはない特徴でしょうか。せっかく新店に入ってもフレッシュさがないのも嫌ですよね。

リブレットは来月のオープンに向けて現在オープニングメンバーを大募集しています。すでに半数近くは集まっていますが、六本木以外の街から来たフレッシュなメンバーが多数。ナイトワーク最大手企業が経営するお店ですから、給与の未払いなど一切心配する必要はありません。そんなリブレットが気になる方は早めに面接に行ってみてはいかがでしょうか。

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。