こんばんは。今日は18時から初回面談。今日は昼間OLをしている方。話を詳しく聞いてみると、週に2日ほどしか出勤できなくて、終電上がりがいいとのこと。さらに、シフトも固定では難しいので、週ごとにシフトを決めたいと言っていました。そんな今日の女性に合いそうなお店を何店舗かご提案すると、銀座のミニクラブ『AYA』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

AYA
AYAは電通通り沿いのビルにあります。私たちがエレベーターで上がりお店の入口に到着すると、ママが出迎えてくれてお店の中まで案内していただきました。

女性がメインルームで面接用紙を書いていると、ママがやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。
AYAは昨年の4月8日にオープンしたお店で、彩ママと女性が2〜3人出勤するアットホームなミニクラブになります。営業時間は月曜日から金曜日の20時から24時。彩ママはずっと銀座のお店で働いてきた方で、20代という若さでAYAをオープンさせました。

AYA
AYAはミニクラブですから髪の毛セットは必要なし。服装もかなりカジュアルなワンピースでもOKで、黒の衣装でもOKになっています。これなら、私服のまま勤務もできるので、会社帰りギリギリにお店についてもすぐに働けますよね。AYAは経験がない女性も多いので、レンタル衣装も用意してくれています。
給与は時給以外に、指名料と同伴料が手当としてあります。ママが美味しい食事ができる同伴に誘ってくれたり、接客中に付け指名を入れてくれたりするから、営業なんてしなくても手当がけっこうもらえるんですよね。アットホームなお店だから、ママがよく女性のフォローをしてくれます。

AYA
AYAは、ノルマやペナルティがないので昼間の仕事を優先しながら自由に働くことができます。実は、彩ママ自身も昼間はOLをやっており、掛け持ちの状態で働いている異色のママなんです。昼間働いている女性の気持ちをママは理解してくれるから、ノルマやペナルティなんて一切作らず、あくまでも昼間の仕事優先で働かせてくれるんですよね。銀座のお店って終電上がりと言っているにも関わらず、残業が多いお店もありますが、AYAはママ自身が24時で帰ることが多いから、女性もいつも終電で帰っています。24時では終電に間に合わないという女性は、23時30分で上がらせてくれるんで、遠方から通う女性にも配慮してくれます。

AYA
AYAの店内はカウンターとメインルームというコンパクトな造りで、お客さんは3組も入れば満席になってしまいます。メインルームにはモニターが2つありカラオケができるようになっていました。このモニターはDVDが再生できるので、働いている女性は好きなDVDを持ちより営業中にその映像を見ながら働くことができるそうですよ。

ママが20代でOLなんてお店は銀座には他にありません。同年代のOLということで、今日面接した女性はすぐに馴染んでいました。初対面でこれだけ共感できるのは、異色のママがいるAYAならではでしょうか。
20代で昼も夜も手掛ける賢いママの元で働けば、得るものも多いはず。AYAが気になる方はぜひ面接に行ってみてはいかがでしょうか。ママ自らがすぐに面接してくれますよ!

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp