こんばんは。今日は18時から初回面談。今日は銀座のクラブで働いていた方。なんと面接にも関わらず着物で来てくれました。話を詳しく聞いてみると、お客さんを持っているので、呼びやすいお店を希望とのこと。また、着物で働きたいので、着物を着ている女性がいるお店も希望していました。そんな条件に合うお店を何店舗かご提案すると、銀座のクラブ『舞花』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

舞花
舞花は銀座8丁目にあるオーナーママのお店。私たちがお店に到着すると、舞花のプレートが入口にありました。私たちがここからお店に入ると、スタッフが出迎えてくれてメインルームに案内していただきました。

舞花
女性がここで面接用紙を書いていると面接官がやってきて、お店のことについて詳しく教えていただきました。

舞花は今年でオープンから13年目。1日の出勤人数は12人前後のアットホームな雰囲気が特徴のクラブになります。ママはいつも着物を着ているのですが、ママ以外にも数名着物を着ている女性がいるので、着物率が高い舞花は今日の女性にピッタリです。ヘルプの女性はワンピースよりもドレスのほうが多く、身だしなみのしっかりした銀座の気品あるクラブと言えるでしょうか。

舞花
舞花は売り上げがある女性は、全体ミーティング免除や出勤シフトは週ごとでOKなどの優遇制度があります。自由に伸び伸び働いてほしいという考えから、規則に縛られない働き方ができるのです。それに、1日の出勤が12人程度のコンパクトなお店ですから、すぐに中心メンバーとして活躍できます。規模が大きい他店ではいつまでたっても脇役ですが、コンパクトなお店ならすぐに主役になれるのがいいですよね。

舞花
メインルームの中央にはピアノがあり、毎日ピアニストが弾いてくれています。お客さんからリクエストがあるとすぐに応えてくれるピアニストは、店内の雰囲気をいつも盛り上げてくれるんですよ。23時45分にはラストソングの演奏がはじまりますので、お客さんの引きが早く、無駄な残業が少ないのも舞花のいいところでしょうか。

舞花
舞花はメインルームとバーカウンターだけのシンプルな正方形の店内になっていました。

舞花は銀座のクラブの中ではとてもアットホームで働きやすいお店になります。特に、売り上げがある女性には優遇制度が充実していますので、自由に働くことができます。誰もが主役として働ける舞花が気になる方は、ぜひ面接に行ってみてはいかがでしょうか。

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp