こんばんは。今日は18時から初回面談。今日は郊外のキャバクラで働いていた方。話を詳しく聞いてみると、銀座か六本木で迷っていましたが、やはり最初は六本木からというので、六本木のお店を何店舗かご提案すると、新店のクラブ『アース』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

アース
私たちはお店のあるビルに向かい、エレベーターで4階に上がるとスタッフが出迎えてくれて、メインルームに通されました。



アース
こちらの写メはアースのメインルームを撮ったものになります。私たちがここで面接用紙を書いていると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。

アースは3月17日にオープンしたばかりの新店。内装はスケルトン状態から仕上げたので、新築の匂いがする真新しい店内になっていました。最近の新店て、実は“居抜き”店舗もあって前の内装のまま使用するケースが多いんですが、アースはきちんとイチから仕上げています。これって相当お金がかかりますから、勝算のあるお店にしかできないことでもあります。
ママは2名で1日の出勤は30名から35名程度。大箱まではいきませんがかなり広めのフロアーになっていました。六本木のクラブは日給25000円以上で、別途、本指名・場内指名・同伴料が手当としてもらえます。広いお店だと客数も多いですから、場内指名や同伴が稼ぎやすいメリットがあります。


アース

アースは六本木の各クラブのママやお姉さんやスタッフが集まってできたお店。閉店したどこかのお店が母体というわけではないですから、非常に溶け込みやすくフラットな関係になっています。面接が終わり店内を歩いていると、ママやお姉さんが笑顔で挨拶してくれるこの雰囲気は、上下関係が出来上がっていない完全新規のお店アースならではでしょうか。

アース

最後の写メはアースのVIPルームを撮ったものになります。VIPルームにカラオケはなく静かに飲みたいお客さんが好みそうなスペースになっています。アースはメインルーム、バーカウンター、VIPルームという造りになっていました。

オープンして1週間のアースはまだまだオープニングメンバーを大募集しています。完全新規のお店ですから、内装もレンタル衣装もロッカーもすべてが新品で気持ちよく働けます。4月から新しいお店で働こうと思っている方は、ぜひアースに面接に行ってみてはいかがでしょうか。

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp