こんばんは。今日は18時から初回面談。今日の方は体験入店もしたことがないという全くの未経験者。話を詳しく聞いてみると、昼の仕事と掛け持ちで週3日くらい働きたいとのこと。また、お酒が飲めないので、飲まなくても平気なお店を希望していました。そんなお店を何店舗かご提案すると、六本木の新店キャバクラ『クレスト』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

クレスト


私たちがお店の前に着くと、大きなクレストのロゴマーク“C”が見えました。なんでもこの入口のロゴ、後から聞いた話では、かなりお金をかけた特注建築物のようです。たしかに彫刻作品のようにきめ細かく彫られていましたね。



クレスト



私たちがお店に入ると、真新しいクレストの店内を見ることができました。この写メは入口から店内を撮ったものになります。クレストはこの写メの範囲だけで、きれいな長方形の形をした店内になっています。新店はきれいでいいですよね。すべてが新品ですから新年度の4月らしくフレッシュな気分になります。


クレスト

店内に入ると、私たちはメインルームに通されて面接がはじまりました。クレストのオープン日は4月15日。営業時間は月曜日から金曜日の20時30分からラストまで。1日の出勤人数は30人ですが、キャバクラなので未経験者や経験が浅い子が多く出勤する予定です。キャバクラは基本的にはマンツー接客ですから、お酒を飲みたくなければ自分の判断で飲まなくてOK。髪の毛のセットも必須ではないですし、出勤シフトも融通が利きやすいので、今日のような未経験者にはピッタリのお店です。


クレスト
クレストの店内はきれいな長方形の形をしているので、男性スタッフがすべての女性に目が届きやすいというメリットがあります。複雑な形をした店内だと、男性スタッフの目が届かないテーブルで、酔ったお客さんが女性に無理にお酒を飲ませたり、体を触ったりとマナーが悪くなることがあります。ところが、2枚目の写メを見て分かるようにクレストには死角になるテーブルがないので、男性スタッフがすぐに注意できるため、女性が安心して働くことができるんですよね。クレストがこの場所を選んだのは、実はそんな理由もあったのです。


クレスト
最後の写メは面接の後に案内していただいてVIPルームを撮ったものになります。VIPルームは一番奥にあるのですが個室というわけではなく、より高級感を醸し出したエリアになっていました。

4月15日のオープンに向けて、クレストは現在超積極的に採用中です。未経験者が働きやすいお店づくりを心掛けているクレストですから、お酒が飲めなくても、接客に自信がなくてもぜんぜん問題はありません。接客中に困ったことがあっても男性スタッフがすぐに駆けつけてくれますから、安心して働くことができます。4月は節目の月ですから、こんなときこそ新規一転、新店で働いてみるのもいいかもしれませんね。

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp