こんばんは。今日は10月18日オープンの六本木の新店、キャバクラ『ファンティリュージョン』の採用担当者の方と打ち合わせをするために、お店まで行ってきました。


ファンティリュージョン



ファンティリュージョンは、キャバクラ『ニュース』・『スマイル』・『ルネサンス』が入るビルの5Fにあります。




ファンティリュージョンお店に入ると、内装はほぼ完成していました。2枚目の写メはファンティリュージョンの入り口から店内を撮ったものになります。店内はこの見えている範囲だけのコンパクトな作りになっています。私は写メにある円形のカウンターでお店のことについて詳しく教えていただきました。
ファンティリュージョンはコンパクトなキャバクラなので、1日の出勤は10人から多い時でも15人程度。ママはいなくて学生やOLなどが中心になります。ドリンクバック・場内指名料・同伴料など手当が充実していて、時給以外でも稼ぐことが可能。アットホームなキャバクラでノルマはないのですが、頑張りたければ稼げるようになっていました。ヘアメイクさんも1名店内に常駐することが決まっているので、希望者は店内でヘアメイクをすることができます。
営業時間は月曜日から土曜日の19時からラストなんですが、なんと4時から12時までは朝キャバもここで営業します。六本木で朝キャバをやっているお店は少ないので、これは貴重ですよね。

ファンティリュージョン打ち合わせの後、店内をじっくり見渡すとかなりかわいらしい内装になっているのに気づきました。それについて聞いてみると、内装はディズニーを意識しているとのこと。この写メのシャンデリアは実際にディズニーランドのシンデレラ城で使用されているものと同じだとか。キラキラ光るマドラー、可愛いブランド物のグラス、光る氷、花瓶のようなシャンパンクーラーと備品にもディズニーらしいこだわりが見られました。そもそもファンティリュージョンとは、東京ディズニーランドで、1995年7月21日から2001年5月15日まで行われていた夜のパレードのことなんですよね。ネーミングにぴったりな店内は、ディズニー好きな女性なら毎日楽しく仕事ができるでしょう。


ファンティリュージョン
最後の写メは、入り口のすぐ横にあるVIPルームを撮ったものになります。ここは4人だけが座れるテーブル席で、落ち着いて飲みたい時には良さそうでしたね。

新店のファンティリュージョンは、10月18日がオープンになります。現在、夜部門と昼部門を急ピッチで募集していますので、気になる方はぜひ面接に行ってみてはいかがでしょうか。実は、このお店は顧問弁護士が充実していて、入店時に希望者には契約書を発行してくれます。時給や個別の約束事などを明記した契約書を発行してくれますから、入店後にトラブルになるということはありません。事実、オープン日の前日である17日は、契約書を発行する日としてお店を開けているようで、誰でも契約書を受け取れます。ナイトワークって、入店後に『聞いてないよ〜』なんていう目に合うこともありますが、こんなしっかりしたお店なら安心して働けますよね。

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp