こんばんは。今日は18時から初回面談。今日の子は、昼間の会社を辞めたばかりという20代半ばの子。話を詳しく聞いてみると、次の仕事がみつかるまでは週4日は出勤できるのですが、会社が決まれば週2出勤に減らせるお店を希望とのこと。
こういうつなぎでキャバクラで働きたい女性ってよく応募があるんですよね。シフトの融通が利くお店がいいということなので、少し緩めのキャバクラを何店舗か提案すると、六本木のキャバクラ『ピアニシモ』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

ピアニシモ


ピアニシモは、系列店に六本木の高級クラブ『ピアノ』とクラブ『ボレロ』があったんですが、実はボレロが8月中旬に閉店してしまいました。そのボレロの男性スタッフやお客さんがピアニシモに来ているみたいで、今までよりも活気づいているということだったので、今日の子にもおススメしていたんです。





ピアニッシモお店に入ると私たちはメインルームに通されて、面接がはじまりました。2枚目の写メはピアニシモのメインルームを撮ったものになります。ピアニシモは2007年6月21日に別の場所でオープンしたんですが、昨年の9月にここに移転して来たばかりなので、店内はかなりきれいでしたね。清潔感が感じられるメインルームは、高級店に全く引けをとりません。
そんなメインルームで履歴書を記入していると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。
お店の営業時間は月曜日から土曜日の20時から1時。キャバクラになるので、平均年齢24歳くらいの若いメンバーが多数在籍しています。店内には、ヘアメイクさんが平日は2名、週末は3名常駐しているので、店内で気軽にヘアセットも可能。衣装はドレスを着ている女性が多いですが、キャバクラなのでやや緩め。私服で着ているワンピースも、ものによってはOKです。六本木には高級クラブやニュークラブといった未経験者にはやや敷居が高いお店が多いんですが、ここは未経験者でも普通に働けるキャバクラなので、今日の子のようにシフトに不安がある女性でも快く受け入れてくれました。

ピアニッシモ3枚目の写メは面接の後に見せていただいたピアニシモのVIPルームを撮ったものになります。VIPルームの中央には、花が飾られており、これを囲むようにテーブルが配置されていました。六本木のキャバクラで、これだけ大きなVIPルームがあるお店ってあんまりないんですよね。キャバクラってリーズナブルなお店が多いですからメインルームだけだったり、VIPルームがあっても小さいスペースなんですが、ピアニシモは系列の高級クラブ『ピアノ』の富裕層のお客さんも来店しているからか、こんな豪華で大きなVIPルームがありました。




ピアニッシモ4枚目の写メはメインルームに戻った私たちが、ちょっと待たせいていただいたバーカウンターを撮ったものになります。面接官が、急に電話の対応をしはじめてしまったので、それが終わるまで私たちはここで待つことになったのです。
カウンターの前には大型のモニターがあり、営業前のこの時間は普通にテレビが映っていました。私たちはテレビをみて時間をつぶしていると、面接官の電話が終わり、最後に体験入店の日程を決めて今日の面接は終了しました。

ピアニシモは六本木では未経験者でも働きやすい敷居が低いキャバクラになります。今日の子のように途中から出勤日数が少なくなってもぜんぜん問題はありません。
六本木デビューするなら、いきなり高級店に入るよりも、まずはこれくらいのお店からはじめてみるといいもしれませんね!

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp