こんばんは。今日は18時から初回面談。今日の子は歌舞伎町のクラブで働いていた子。話を詳しく聞いてみると、前の歌舞伎町のクラブはあまりお客さんが入っていなくて稼げなかったので、今回は六本木のお客さんが良く入っているクラブで働きたいということです。ところで、歌舞伎町にママのいるクラブってあったんですね。歌舞伎町って派手なキャバ嬢が働いているキャバクラばかりのイメージだったので意外です。
こうなれば、六本木のいつも混んでいるクラブをご紹介しようと思い、面談の後にクラブ『パルファン』に面接に行ってきました。

パルファン11枚目の写メは、エレベーターで9階まで上りパルファンのお店の前で撮ったものになります。エントランスにはドンペリがショーケースに入ってディスプレイされていました。ここは富裕層のお客さんが多いので、ドンペリがよく飲まれているからでしょうか。








パルファン3
私たちはバーカウンターに通されて面接がはじまりました。パルファンはママがなんと7人もいるお店です。普通のクラブだと多くても3・4人くらいですから、売上を持っている人がこれだけ多いというのは、パルファンにお客さんがよく入っている証でもあります。1999年にオープンしたパルファンは今年で13年目。六本木では老舗のクラブに入るでしょうか。
このお店の特徴としては、絶対に「早上り」と「出勤調整」がありません。先日ご紹介した系列店の『アンシャンテ』も同じでしたよね。どんなに出勤人数が多くても、自分の成績が悪くても、必ず最後まで勤務させてくれます。銀座や六本木のお店は時給が高い分、早上りや出勤調整ってけっこうあったりしますから、これはうれしいですよね。そして一番の特徴は、六本木のお店の中で一番お客さんが入っていると言っても過言ではありません。しかも高級クラブですから、お客さんは客単価の高い富裕層ばかり。キャバクラでお客さんが入っているお店とはわけが違います。

これだけお客さんが入っているから、指名や同伴が取りやすいのでヘルプの子でも簡単に稼げます。なにより成績が出しやすいから時給も上げやすいという相乗効果があります。


パルファン5
3枚目の写メは面接の後に見せていただいたメインルームを撮ったものになります。パルファンは2010年10月25日にこのビルに移転をしてきたばかりなので、とてもきれいな店内になっていました。

パルファンは六本木で一番と言えるくらいお客さんがよく入っているお店です。しかも客層が良いのでストレスを感じるようなお客さんはあまりいません。当社はパルファンとは長いお付き合いをしていますので、時給交渉がしやすく、保証期間の延長交渉もしやすいところがあります。
六本木の混んでいるお店で働きたかったらぜひパルファンに面接に行ってみてはいかがでしょうか。体験入店でそれがすぐにわかるはずですよ!

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp