こんばんは。今日は18時から初回面談。今日の子は郊外と六本木のキャバクラで合わせて1年ほど経験のある20代前半の子。話を詳しく聞いてみると、キャバクラは客層が好きではないらしく、六本木のクラブを希望していました。それであれば何店舗か客層がいいお店を体験入店して決めてもらおうと思い、面談後に最初のお店クラブ『アンシャンテ』に面接に行ってきました。

アンシャンテ
1枚目の写メは、お店の前に着いたときに撮ったものになります。アンシャンテは六本木交差点から芋洗坂を下ってすぐのこのビルの2階にあります。





アンシャンテ
2枚目の写メはお店の入り口に着いた時のもの。掃除機が見えますが、営業前なので店内では掃除機をかけているスタッフがいました。ナイトワークのお店は、照明を暗くするので汚れが見えにくいため、掃除をあまりしないお店もあるみたいですが、アンシャンテはとても清潔感が感じられます。





アンシャンテ
お店に入ると今日はメインルームに通されて面接がはじまりました。3枚目の写メはアンシャンテのメインルームを撮ったものになります。大きなシャンデリアが2つもある店内は、クラブらしい落ち着いた内装に仕上がっています。白を基調としているので、掃除は欠かせないのですかね。とても清潔感のある店内になっていました。

面接ではお店のことについて詳しく教えていただきました。アンシャンテは今年の10月で14年目を迎える六本木の高級クラブで、系列店にはクラブ『パルファン』とクラブ『エリゼ』があります。1日の出勤人数は30名程度。ママは5人もいるのでお客さんがよく入っています。クラブってママとの相性って重要になるのですが、5人もママがいれば自分と相性の合うママが見つかりやすいというメリットがあります。さらに、アンシャンテには出勤調整と早上りというものがありません。他のお店って、お客さんが入らない日とかは出勤調整や早上りさせられることがあったりしますが、アンシャンテはそれはしないと約束してくれているのです。事実、私たちが紹介した子からその件でクレームが出たことは一度もないくらいですからね。ここまで良心的なお店はあまりないでしょう。

アンシャンテ
4枚目の写メは面接の後に見せていただいたVIPルームを撮ったものになります。こちらは、静かに飲みたいお客さんや有名人の方がよく使うとか。

アンシャンテは、働きやすさ重視の六本木の高級クラブになります。ナイトワークのお店って、給与ばかりをウリにして、肝心な働きやすさを忘れがちなところがありますが、アンシャンテはそんなことはありません。こんな働きやすい高級クラブをご希望でしたらお気軽にキャバネットからご応募ください!

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp