ナイト プロダクション1ナイト プロダクション2
こんばんは。今日は18時から初回面談。今日の子は、さいたま市から来てくれた子。話を詳しく聞いてみると、体験入店を数回しかしたことがない未経験者で、送りをさいたま市の自宅まで希望ということでした。そうなると、さいたま市まで送りが出ないお店に面接に行っても仕方がないので、各店舗に電話を入れて確認すると、オスカーの新店『Night Production(ナイトプロダクション)』は送りが出るということなので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

お店に着くと、ほぼ完成しているメインルームに通されて面接がはじまりました。1枚目の写メはそのナイト プロダクションのメインルームを撮ったものになります。真ん中に一本通路があり、その両側にカーブを描いた接客スペースがありました。ゴージャスなお店が多いオスカーのお店の中では、ちょっと控えめな落ち着いた感じのメインルームですよね。それもそのはず、このお店を手掛けたデザイナーさんは、お店のコンセプトからも、ゴージャスさよりもレトロな落ち着いた感じを出したかったということです。2枚目の写メは、VIPルームを撮ったものになります。かなりカジュアルな雰囲気がするVIPルームにはカラオケが完備されています。隣には全く同じデザインのVIPルームがもう一部屋あり、全部で2部屋ありました。80坪の店内には、他にバーカウンターもあって、かなり広々していましたね。1日の出勤人数は40人を目安にしているということです。

面接では、お店のことを詳しく教えていただきました。まずは送りの件ですが、オスカーグループのお店は六本木にたくさんあるので、それに合わせ送りの車も実はたくさん用意されています。そのため、小規模な他店では不可能な遠距離の送りが可能になっています。今日の子のさいたま市はぜんぜん余裕みたいで、埼玉県なら川越や久喜あたりでも、普段は送りが出ているようです。服装に関して確認してみると、ガールズバーまではいきませんが、キャバクラの中では若干カジュアルな感じでもOKにしたいということです。ゴージャスなお店が多いオスカーのお店のなかで、ナイト プロダクションの内装はレトロな落ち着いた雰囲気にしていることからも、他店とは違うコンセプトにしたいという意気込みが感じられます。

今日の子は、送りが自宅まで出て、みんなが同じスタートラインの新店ということに、とても魅力を感じていました。これなら未経験の子でも安心して働けますよね。10月3日のオープンまであと2週間ほどなので、それまでは系列店で働くことはなく、オープン初日から出勤するということを伝え、今日の面接は終わりました。

オスカーの新店ナイト プロダクションは現在急ピッチでオープニングメンバーを集めています。80坪のお店ということで、まだまだ女の子が足りていないと言っていました。このオープン直前のタイミングは、レベルが高いオスカーのお店の条件が甘くなる時期でもあります。事実、私たちが面接に同行していて、普段では採用しない子を採用したり、いつもより時給が高かったりと、オープン直前ならではの甘さを目の当たりにしています。

よく、採用レベルが高いと言われている六本木の有名店に体験入店に行ったら、普通っぽい子もいたけど本当にレベル高いの?と面談時に女の子から聞かれることがありますが、そういう普通っぽい子は、こういう甘い時期に面接に行って入店しているものです。レベルが高いオスカーのお店にいい条件で入店するには、このタイミングで面接に行くことがおススメですよ。

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp