ヴォーグヴォーグVIP
こんばんは。今日は19時から初回面談。今日の子は、北海道から上京してきた子。話を詳しく聞いてみると、すすきのでかなり経験を積んできたようですが、東京で働きたいとずっと思っていたようで引越しも済ませ今日面談に来てくれました。六本木ははじめてということもあり希望条件が定まっていなかったので、こちらで合いそうなお店をセレクトして何店舗か提案し、面談後にまずはクラブ『ヴォーグ』に面接に行ってきました。

クラブ『ヴォーグ』は今年で7年目を迎えるお店になります。ヴォーグの前は『シーン』という店舗名で10年間営業していたので、通算すると実は17年目を迎える六本木の中でも老舗のお店になるんですよね。シーンの頃はまだスカウトができた時代でして、その頃私の仲のいいスカウトマンがシーンの専属のスカウトをしていたので、フリーでスカウトをしていた私はよく紹介させていただいたものです。当時から採用間口が広く、いろんなタイプの子を採用してくれたので、頻繁に紹介していました。そんなお店なら、上京してきたばかりで誘客見込みがない子でも暖かく迎えてくれるだろうと思い、1番目に面接に来てみたのです。

お店に着くと、今日はメインルームに通されて面接がはじまりました。1枚目の写メはヴォーグのメインルームになります。全体的に白を基調とした空間は明るいイメージがしていいですよね。ダークな雰囲気のお店と比べると、こちらのほうが女性がきれいに見える感じがします。2枚目の写メはVIPルームを撮ったものになります。奥まったところがVIPルームなんですが、基本的な内装にかわりはなく、メインルームからやや離れている一角がそのスペースになっています。

面接ではお店のことについて詳しく教えていただきました。このお店にはママが3人いるというのでクラブと思いきや、係り制や複数接客といったこともなく、システム的にはキャバクラのシステムを多く取り入れています。給与は歌舞伎町のような売り上げ制ですし、在籍女性もキャバクラにいるようなタイプの子が多く見かけられましたので、キャバクラとなんらかわらないように感じました。クラブのいいところとキャバクラのいいところをミックスしたお店といったところでしょうか。

今日の子はキャバクラでの経験しかなく、クラブクラブしたお店はすぐには難しいと言っていたので、年齢的にクラブへステップアップするためにもちょうど良いかもしれませんね。今度体験入店することで面接は終了しました。
クラブヴォーグは17年間六本木で営業していますので、かなり昔から来店している常連客がいっぱいいるようです。そんな安定感からか採用間口が広くいろんなタイプの子が採用されていますので、はじめて六本木にチャレンジする子でも採用されやすい傾向があります。
今年の年末は六本木でとお考えの方は、まずはヴォーグから面接に行ってみてはいかがでしょうか。ここは従業員の方が優しいので、六本木初で緊張する方でもきっちりフォローしてくれますよ!

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp