ファラオミラージュ
こんばんは。今日は18時から初回面談。今日の子は六本木のキャバクラ『ファラオ』で働いていた子。なんとその『ファラオ』が4月に突然閉店してしまったというので、新しいお店を探すために面談に来てくれました。
話しを詳しく聞いてみると、『ファラオ』は『帝』・『夢』・『ミラージュ』が系列店なんですが、その4店舗のオーナーが4月中に飛んでしまったようで、急遽閉店になり男性スタッフ含め4店舗全員が給与未払いになっているそうです。それでも『ミラージュ』は新しいオーナーが見つかり営業は続けていますが、他の3店舗は未払いのまま全滅してしまいました。レギュラーで勤務していた女性の給与は50万円以上はあるはずですから、なんとも酷い話ですよね。1枚目の写メは、『ファラオ』と『夢』が入るビルの看板なんですが、6Fの『夢』と7Fの『ファラオ』の看板に早速テナント募集と出ていました。さらに2枚目の写メは『ミラージュ』と『帝』が入るビルの看板ですが、こちらは『帝』のフロアーは同じようにテナント募集と出ていました。

六本木ではこのように、突然オーナーが飛んでしまうことは過去にもありました。オーナーは最後の1ヶ月の売り上げだけでも丸々もらって飛んでしまえば、退職金代わりになるでしょうから、その資金で地方でまた懲りずにお店をやる人もいれば、ひっそりと地方で暮らしている人もいるようです。
12年ほど前、当時私が女性を紹介していたお店のオーナー社長が、経営に行き詰まりやはり同じように飛んだことがありました。もちろん私のスカウトバックも未払いのままで・・・
その後消息不明だったのですが、5年後くらいでしょうか突然六本木に現れ、何事もなかったようにキャバクラの従業員として働いていましたね。ある時その元オーナー社長と飲みに行く機会があって、私は今まで何やってたんですか?と聞いたら、場所は教えてくれませんでしたが、地方で工事現場の肉体労働をやっていたとなんだか切なそうに語っていました。けっこういい加減な人だったのでウソだかホントだかはわかりませんでしたが、こんな話を聞いてしまうと当時のスカウトバックの話も切り出せず、もう時効かとあきらめました・・・。

今日の子は、当面の生活費にも困っていたので、完全日払いですぐ現金が手に入る当社の専属派遣をおススメしました。専属派遣であれば、お金は毎日入ってきますので当面の生活にも困らないですし、当社が先に給料を払ってしまうわけですから、お店の経営状況なんて気にする必要もないので安心です。
六本木では、というかナイトワークでは経営に行き詰った経営者が飛んでしまうことがちょくちょくあるのが現状です。実際私は15年間でそういうお店をたくさん見てきました。最後の1か月分の給料が丸々なくなってしまうなんて考えただけでもゾッとします。そうならないためにも、お店探しはぜひ情報量豊富な私達に任せていただきたいですね。

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp