六本木LUCEこんばんは。今日は18時から初回面談。今日の子は六本木のキャバクラで働いているナイトワーカーな子。話を詳しく聞いてみると、なんでも、そのお店のナンバー1の子が昨年辞めたあたりから、在籍者に対してノルマがとてもきつくなったとのこと。そのお店はナンバー1の子がかなり売り上げを持っていてお店を牽引していたので、その子が辞めてお客さんが少なくなったしわ寄せが、今働いている子達にドッときているということです。ただでさえ、2月はお客さんの入りがあまり良くないのに、ノルマがこんなにきつかったら辞めたくなるのもわかりますね。こうなれば、お客さんが入っていて、稼ぎやすいお店が良いと思ったので、まずは新店のクラブ『LUCE(ルーチェ)』に面接に行ってきました。

『LUCE』は、昨年の12月28日という年内ギリギリにオープンしていて、今日でちょうど1ヶ月が経過したお店になります。さらにこのお店は社長がお客さんをたくさん持っていると評判で、1月でもかなり込み合っているのを私が先日この目で確認してきたので、ここなら安心かなと思い1店舗目に面接にやってきました。店内に入ると、今日はメインルームに通されて面接がはじまりました。写メはそんなクラブ『LUCE』のメインルームになります。まだオープン1ヶ月の店内は真新しくてきれいですよね。最近買い換えた私のケータイが1200万画素のフラッシュ付き最新機種なので、画質が飛躍的にアップしたためか、余計にきれいに見えるのはわたしだけでしょうか。

そんなきれいなメインルームで面接がはじまり、面接官にお店のことをたくさん教えてもらいました。ママが1人いるクラブにもかかわらず、キャバクラのような働きやすい雰囲気を残しているということで、在籍者はみんな仲が良いということです。さらにクラブというと、23区内しか送りが出ないお店が多い中、『LUCE』は立川や横浜山手といった遠距離でも送ってくれているということです。これもキャバクラのような働きやすさの一つですよね。そして、店内のフロアの半分を、更衣室やトイレといったスペースにしているために、女の子が余裕を持って着替えができたり化粧をする場所をしっかりと確保しています。
実はこのビル、私は別の店舗にもよく面接に行くんですが、そのお店では、フロアはほとんど営業用に使っているために、更衣室や化粧室が小さくていつも女の子が不満を漏らしているくらいなんです。それが同じビルの『LUCE』では、働く女の子にも配慮した作りになっているので、より気持ちよく働くこともできます。

面接官の話では、まだオープンから1ヶ月ということもあり、メンバーが凝り固まっていないのでこれから入店する子でもすぐに溶け込めるといっていました。そんな『LUCE』では、まだまだスターティングメンバーを大募集しているということなので、興味があるかたはぜひ面接に行ってみてはいかがでしょうか。

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp