こんばんは。今日はコロナで自粛中の六本木の街の様子を見てきました。

六本木コロナ
GW休暇に入ったからか、先週と比べて六本木交差点はやや人通りは多かったですね。オープンテラスでビールを飲んでいる人達や、サラリーマン風のグループが居酒屋へ入っていく姿が見かけられました。
六本木コロナ
これは六本木ビゼのお店の張り紙。このグループは5月6日まで休業となっているお店が多かったですね。

六本木コロナ
六本木ララァも5月6日まで休業。

六本木コロナ
瀬里奈グループのお店は当面の間休業と、期限のない張り紙に変えられていました。

六本木コロナ
六本木ベネも期限はなく当面の間休業となっていました。
六本木のお店は5月6日まで休業と書かれているところが多かったですが、期限を書いてないお店もけっこうありましたね。全店舗営業するのはいつになるのでしょうか。

六本木コロナ
これは六本木のドンキホーテで撮ったもの。店頭でマスクが売られていました。3月以降何度もドンキ前を通っても無かったので、今日は運がよかったですね。

六本木コロナ
ドンキにはマスク以外にもコロナ対策関連の商品はたくさんありましたよ。

六本木コロナ
ドンキの帰りに見かけたビルの看板。相席屋は全盛期は六本木に2店舗ありましたが、最後の1店舗の看板には小さく閉店とシールが貼られており3月下旬に閉店していました。最近聞かなくなった相席屋、ひっそりと六本木から姿を消していました。
六本木はキャバクラ・クラブの街なんです!

最近はコロナの影響でナイトワーク店舗が自粛し、お店の経営者・スタッフ・女性・当社のような取引先が大打撃を受けています。コロナが収束したらこの損失を取り戻すために、ナイトワーク店舗の1時までの営業時間延長を皆で団結して求めてみませんか。
ダンスするクラブは、皆で交渉することで朝まで営業が認められたわけですから、キャバクラ・クラブも朝まで営業が認められても良いのではないでしょうか。
ドラッグ、喧嘩、殺人事件、ゴミのポイ捨てで街を汚すなどダンスするクラブの方がよっぽど問題が多いのに朝まで営業OKで、キャバクラやクラブはNGなんてそもそもおかしな話。

六本木は夜遅い時間のほうがお客さん入りますから、これが実現すれば絶大な効果があるはずです。

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。