キャバクラ紹介&派遣サイト『キャバネット』のアドバイザーBLOG

ナイトワークを希望する女性に、六本木・銀座・西麻布のお店を紹介&派遣しているアドバイザーの日々の活動レポートです。

2015年05月

こんばんは。今日は19時から六本木のキャバクラ『ハニートラップ』の採用担当者の方と打ち合わせ。このお店の採用担当者から先日、女性を紹介してほしいと私に連絡があったので、今日打ち合わせをすることになっていたのです。
六本木交差点から徒歩3分ほどのビルに到着し、エレベーターで3階にあがるとハニートラップの看板が見えてきました。

ハニートラップ
私がこの看板の横にある扉を開くと、清掃をしていた男性スタッフが出迎えてくれてメインルームに案内していただきました。

ハニートラップ
私がここでお茶を飲みながら5分ほど待っていると、採用担当者の方がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。

ハニートラップは昨年の夏にオープンしたばかりのお店。営業時間は月曜日から土曜日の20時から1時まで。キャバクラなので給与システムは指名と同伴のポイント制。本指名1P、場内指名0.5P、同伴1Pをどれだけ獲得するかで時給がスライドするようになっています。ハニートラップには他店にないブログポイントというのがあります。これはお店の公式ブログの出勤スケジュール欄に、写真の顔出しOKだと1出勤1P。顔出しNGでも1出勤0.5Pがもらえるんです。ハニートラップは出勤するだけでこのブログポイントがもらえるわけですから、指名同伴ができなくても時給5000円はすぐにもらえる、かなり太っ腹なポイント制になっていました。

ハニートラップ
そんな稼ぎやすい給与システムに加え、本指名3000円、場内指名1000円、同伴3000円、延長指名1000円が別途手当として支給されます。さらに、ドリンクバックが1杯100円(ソフトドリンク)、300円(カクテル類)、500円(テキーラ・ウオッカ)、本指名の席に限りシャンパンバックがボトル代の10%〜20%支給と手当が非常に充実しています。
給与は半期制なので月に2回支給。送り代は23区内一律1500円なので練馬区や江戸川区などの遠方に住んでいる人はかなりお得になっています。
服装はワンピースでOK。髪の毛は水曜日から金曜日は美容室でのセットは強制ですが、月曜・火曜・土曜は強制ではありません。

ハニートラップ
この写真は打ち合わせの後に見せていただいたVIPルームになります。ハニートラップの店内はメインルームとこのVIPルームだけの造りになっていました。

ハニートラップはブログポイントもある給与システムや充実した手当があるので、とても稼ぎやすいお店です。
個人プレーでしっかり稼ぎたい女性はぜひハニートラップに面接に行ってみてはいかがでしょうか。かなり幅広く採用してくれるので、六本木は無理かもと諦めていた人でも十分採用されると思いますよ!

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、
法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日は六本木のクラブで働いていた方。話を詳しく聞いてみると、今回は銀座のお店で働いてみたいとのこと。ただ、銀座は初めてなので、ママが厳しくなく働きやすいお店を希望していました。そんなお店を何店舗かご提案すると、銀座のクラブ『蘭の姫』がおススメだと思ったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

蘭の姫
蘭の姫は銀座8丁目の並木通り沿いの一等地にお店をかまえます。私たちがエレベーターで3階にあがりお店に入ると、男性スタッフが出迎えてくれてメインルームに案内していただきました。

蘭の姫
女性がここで面接用紙を記入していると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。

蘭の姫は昨年の7月にオープンしたお店。ママが3名で1日の出勤は20人程度の高級クラブになります。系列店には、同ビル4階に『大河』というお店があります。蘭の姫の店内は、古き良き時代の銀座を思い起こさせるような内装になっており、とても落ち着いた雰囲気に仕上がっていました。蘭の姫の客層は、銀座ならではの叔父様が多いので、ここのお客さんに慣れてしまうともう六本木や西麻布に戻ることはできないくらいです。

蘭の姫
蘭の姫は銀座の高級クラブになるので、日給水準が高いのも特徴でしょうか。4時間勤務で日給3万円以上が出ることが多いうえに、私たちの紹介で入店すると、全額日払いノルマなしで働ける柔軟な一面もあるんです。銀座の高級クラブだと、なかなか全額日払いを認めてはくれませんが、蘭の姫は銀座の高級クラブというステイタスを感じながら、ラウンジのようなノルマなし全額日払いという緩めの条件でも働くことができてしまいます。銀座の高級クラブは客層は良いけどいろいろ厳しい…。西麻布のラウンジは緩く働けるけど客層が嫌だ…。それならいいとこどりした蘭の姫がおススメです。

蘭の姫
先日ママのバースデーがあったために、あちこちに花が飾られている店内にVIPルームはなく、メインルームだけのシンプルな造りになっていました。

蘭の姫はオープンから1年未満ですので、まだ古株の女性もいません。3名のママも優しく面倒見が良いので、未経験者や経験が浅い女性でも気軽に銀座の高級クラブデビューができてしまいます。一度銀座の高級クラブの客層に慣れてしまうと、六本木や西麻布に戻れなくなる女性がほとんどです。それが本当かどうかぜひ蘭の姫で確かめてみてはいかがでしょうか。
現在7月の周年パーティーに向けて積極的に採用していますよ!

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、
法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日は六本木のキャバクラで3か月だけ働いていた方。話を詳しく聞いてみると、キャバクラは合わなかったらしく、もっと気楽に働けるお店を希望していました。気楽に働けるお店と言うのでラウンジを提案しましたが、ラウンジは結局キャバクラと働き方が変わらないので、カウンター越しのガールズバーに興味を持ってもらいました。そんなガールズバーを何店舗かご提案すると、六本木のガールズバー『ラス』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

ラス
ラスは、六本木交差点から3分ほどの隠れ家的なビル2階にあります。私たちがエレベーターで上がりお店に入ると、オーナーママが出迎えてくれて、カウンター席に案内していただきました。

ラス
女性がここで面接用紙を書いていると、オーナーママがカウンター越しにやってきてお店のことについて詳しく教えていたきました。

ラスは今年で10年目のお店。オーナーママが1名とヘルプの女性が3〜5人程度出勤する小箱のお店になります。営業時間は月曜日から金曜日の21時から4時30分まで。女性は終電上がりでも、終電からの勤務でも、オープンラストでも、営業時間が長いラスならいろんな働き方ができます。

ママは10年前まで六本木のクラブで働いていたのですが、独立してこのラスをオープンさせました。そのためママの知り合いのお客さんしか来店しないので客層は非常に良く、完全な会員制なのでビラ配りはありません。ママはたくさんのお客さんと知り合いだから、10年間一度もビラ配りなんかしなくても営業できているんですよ。

ラス
ラスはカウンター越しのガールズバーなので、服装は自由で髪の毛のセットは必要なし。時給は2000円から3000円程度ですが、本指名料1000円、場内指名料500円、同伴料1000円が別途手当として支給されます。

ラスはアットホームなお店なので、女性の離職率が低いのが特徴でしょうか。ママが優しいうえにお客さんもとても優しく、接客中に女性のお腹が空くと、お客さんがピザや中華など六本木の美味しいお店の出前を取ってくれたり、女性が誕生日の時には、お客さんがお祝いをしてくれることもあります。
我が家に帰ってきたように来店してくれるお客さんは、身内のようでとても接客がしやすくストレスを感じることはまずありません。ラスは年に1回社員旅行があるんですが、なんと旅費をお客さんが補助してくれるので、行き先やホテルがいつもグレードアップするくらいなんです。昨年の秋には沖縄に行ってきて、今年は香港を予定しています。今入店すれば、社員旅行には間に合いますよ。

ラス
ラスはアットホームなお店なので、個人プレーで働きたいという女性には合わないかもしれませんが、暖かみのあるお店で働きたいなら、六本木でこれ以上のお店はないかもしれません。離職率が低いということとともに、出戻りが多いということがそれを証明しています。
写真にはギターが写っていますが、ギターが得意なら営業中に弾くこともできるそうです。ピアノがあるお店はけっこうありますが、ギターが弾けるのはラスだけ。

ラスは六本木で10年営業を続けてきたので、ガールズバーの中では一番の老舗。ビラ配りをして、どうにか営業できているガールズバーとは違い安定感があります。ガールズーなので、ノルマ・ペナルティ・連絡先交換はなし。キャバクラのように横に座って接客することはないので、とても気楽に働けます。六本木でアットホームなお店で働きたい女性は、まずはラスに面接に行ってみてはいかがでしょうか。
ラスなら一生付き合える友人ができますよ。

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

このページのトップヘ