キャバクラ紹介&派遣サイト『キャバネット』のアドバイザーBLOG

ナイトワークを希望する女性に、六本木・銀座・西麻布のお店を紹介&派遣しているアドバイザーの日々の活動レポートです。

2014年04月

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日は銀座と六本木のお店で働いてきたOLの方。話を詳しく聞いてみると、昼間はアルバイトで販売の仕事をしているので、掛け持ちでナイトワークもやりたいとのこと。銀座のほうが合っていたので、今回は銀座のお店を希望していました。今まで働いてきたお店の時給やルックスなどを考慮すると、銀座のミニクラブ『ポカ』が合っていたので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

ポカ
ポカは銀座8丁目の日航ホテルのすぐ裏にあります。私たちがエレベーターで2階に上がると、ポカの入口が見えました。なんだかレトロな雰囲気のする入口ですよね。それもそのはず、なんとポカはこの場所で47年前から営業を続ける老舗店なんです。オープン時と変わらないロゴやこの店構えは、47年前にタイムスリップした感じにさせてくれます。
私たちがここからお店に入ると、スタッフが出迎えてくれてメインルームに案内していただきました。

ポカ
2枚目の写メはポカの店内を撮ったものになります。ポカはこの写メだけのコンパクトな長方形の店内になっていました。女性がここで面接用紙を書いていると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。

ポカはオーナーママのお店で、1日の出勤は多い時でも10人程度。この規模でママがいるお店は銀座ではミニクラブと呼ばれています。
ポカは髪の毛のセットは必要なく、服装はカジュアルなワンピースでもOKで、黒い衣装もOKとかなり緩めなお店。ノルマ・アフター・残業もなく、全員が終電で帰っています。オープン時から通い続けてくれるお客さんもいるため、来店客の年齢層はけっこう高め。おじいさんは早く帰るから、アフターや残業がほとんどないのもわかりますよね。

ポカ
ポカは在籍女性の半分は学生で、半分はOLやフリーター。働きやすいミニクラブだから、ナイトワークを本職としている女性がいないんです。銀座って本職のお姉さんばかりなお店も多いですが、ポカは副業で緩めに働きたい!という女性が自然と集まってきたことから、こんな顔ぶれになったのです。今日面接に来た女性もOLですから、これなら友達もできやすいですよね。

ポカ
ポカは47年目のお店と言いましたが、面接官いわく、銀座で現在営業しているミニクラブや高級クラブ含めたクラブ形態のお店の中で、1番古いお店ということです。たしかに、他店でこれ以上長く営業しているお店は私も聞いたことがありません。

47年前は、キャバレーやダンスホールやバーなどが銀座には多くあったようですが、まだクラブというのはなかったそうです。そんな時代に、オーナーママが20代でオープンさせたポカが銀座のクラブのはじまりであり、それ以降銀座にはミニクラブや高級クラブが多数オープンしたとのこと。47年前から営業するこの箱が銀座のクラブ発祥の地というのは、なんだか感慨深いものがあります。

ポカ
ポカにはピアノがあり、音大生やピアノが好きな女性が営業中に自由に弾いています。だから面接でも、音大生やピアノが好きな女性は即決になることが多いんですよね。写メ左側にはカラオケが写っていますが、22時30分以降はピアノではなく、カラオケができるようになっていますので、歌うことが好きな女性も歓迎されます。


ポカが47年もクラブ最激戦区銀座で営業を続けてこれたのは、働きやすいお店で女性の定着率が高かったことがあげられます。事実、ポカで働いていた女性は、辞める時は就職や結婚などプライベートな理由で、他店に移る女性はほとんどいないとか。いつまでも働き心地の良いポカが気になる方は、ぜひ一度面接に行って確認してみてはいかがでしょうか。

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日はなんと沖縄から上京してきた女性。話を詳しく聞いてみると、この4月から東京でナイトワークをするために引っ越してきたとのこと。今は友達の家に居候しているそうですが、お金がたまり次第一人暮らしをする予定のようです。ナイトワークは地元で少ししたことがある程度なので、ほぼ未経験。そんな今日の女性には銀座のクラブ『さくら』がルックス的にも合いそうだと思いましたので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。



さくら
さくらは銀座7丁目のアスタープラザビルの3階にあります。私たちがエレベーターで3階に上がると、さくらの入口が見えてきました。

お店に入るとメインルームに案内してもらいました。女性が面接用紙を書き終えると面接官がやってきて、お店のことについて詳しく教えていただきました。
さくらは銀座で15年営業する老舗店なんですが、先週の4月8日にリニューアルオープンをしたばかりになります。ママは2名で1日の出勤は24人程度。中箱のお店でとてもアットホームな雰囲気と内装が特徴のクラブになります。系列店には銀座のクラブ『イプセ』や飲食店数店舗がありますので、安定したグループ力もあります。


さくら
さくらは銀座のクラブにもかかわらず未経験者の定着率が高めという特徴があります。客層が良くアットホームな雰囲気の他に、スタッフがとても面倒見がいいということが、未経験者には好評なんですよね。

以前私たちがさくらにご紹介した未経験の女性は、ナイトワークで使える衣装もなければ、アクセサリーもなかったのですが、当社の窓口になっていただいているスタッフが買い揃えてくれたことがありました。スタッフは長年銀座で働き、銀座で受けの良い衣装やアクセサリーを熟知していますから、完璧なルックスにしてくれたのです。髪の毛のセットも、細かくアドバイスしてくれましたので、未経験者にもかかわらず、すぐに銀座らしい女性になることができました。当社のご紹介でやる気のある女性なら、さくらにはこんな高待遇があるので、今日の未経験の女性にも強くおススメしていたんですよね。


さくら
さくらはメンバーを一新してリニューアルオープンしたばかりなので、とても入店しやすいタイミングです。リニューアルに合わせてママが新しく入店し、ヘルプ女性を急募していますので給与条件を交渉しやすい時でもあります。クラブって、キャバクラ・ニュークラブのように柔軟に給与が変動しないので、入店時に少しでも高めな日給にしておくことが稼ぐ秘訣でもあります。

さくら

さくらにはVIPルームはなく、写メはすべてメインルームを撮ったものになります。リニューアルのお祝いの花が随所に見られる長方形の店内は、黒を基調とした落ち着いた内装になっていました。

銀座の高級店で働きたいけど自信がないという女性でも、さくらならすぐに銀座らしい女性にしてくれます。まだ自分の魅力に気づいていない方は、さくらならそれを気づかせてくれるはずです。
気になる方はぜひ面倒見の良いさくらに面接に行ってみてはいかがでしょうか。


NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日はシングルマザーの20代後半の方。話を詳しく聞いてみると、週5日出勤希望でしっかり稼ぎたいとのこと。託児所はすでに見つけてきているようで、すぐにでも勤務できるということでした。子供のこともありますから、腰をすえて長く勤務できるお店がいいと思いましたので、そんなお店を何店舗かご提案すると、銀座のクラブ華壇に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。


華壇
私たちがお店に入ると、華壇のロゴときれいな花が出迎えてくれました。ここからスタッフにメインルームに案内していただきました。



華壇
女性が面接用紙を書き終え待っていると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。

華壇は2011年10月にオープンしたので、まだ2年半程度の若いお店。ただ、愛媛県松山市でクラブ8店舗を経営するC&Cグループが東京に初出店したお店になるので、若いお店ではありますが、とても安定感のあるクラブになります。華壇の後には、クラブ『モントレイ』とクラブ『CABIN(キャビン)』の2店舗が銀座にオープンしていますので、東京でも着々と多店舗展開がすすめられています。

実は、華壇は松山にも同じ店舗名のお店があります。松山の華壇はC&Cグループの旗艦店であるとともに、松山を代表する最高級クラブ。そんな伝統ある名を冠するお店ですから、このグループが銀座華壇にどれだけ力を入れているかがわかると思います。



華壇
華壇はママが2名で1日の出勤は17名程度。銀座の高級クラブですから日給3万円以上の女性も多数在籍しています。客層が良く、ママも優しいので、接客でストレスを感じることが少ないのは華壇のいいところ。17名程度のお店ですから、アットホーム感が漂う雰囲気はどんな女性でも受け入れてくれます。

華壇は店客が多いということも特徴の一つ。店客はいわゆるフリー客とも言えるので、ゼロヘルプの女性が入店しても自分のお客さんにすることができるんです。銀座の高級クラブともなれば、お客さんはママなどが持っていて、ヘルプの女性がいくら頑張っても自分のお客さんにすることはできません。ところが華壇では、店客を自分のお客さんにできるから、普段の接客もやりがいがありますし、給料も上げやすいというメリットがあります。


華壇

華壇のお客さんの年齢層は40歳前後から55歳くらいまでの人が多いそうです。銀座の高級クラブって、おじいさんをよく見かけますから、華壇の客層は銀座の高級クラブの中ではやや若いかもしれません。ジャズが流れる営業中の店内は、現役世代のお客さんでいつも活気に溢れています。

華壇
華壇はメインルームとバーカウンターというシンプルな造りになっていました。40坪ほどの店内は、銀座らしいとても落ち着いた内装になっています。

華壇は松山を拠点とするC&Cグループのお店なので、経営がしっかりしているから安心して働くことができます。2年程度で銀座で3店舗もオープンできたのは、松山で成功し満を持して東京に進出してきた優良企業だからこそ。優良企業×銀座の高級クラブ、2つのステータスを兼ね備えた華壇で働きたい方は、ぜひ面接に行ってみてはいかがでしょうか。

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

このページのトップヘ