キャバクラ紹介&派遣サイト『キャバネット』のアドバイザーBLOG

ナイトワークを希望する女性に、六本木・銀座・西麻布のお店を紹介&派遣しているアドバイザーの日々の活動レポートです。

2012年11月

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日の方は銀座のミニクラブで働いていた方。話を詳しく聞いてみると、着物を着ることを要求されたりして、だんだん厳しくなってきたので先日そのお店を辞めてしまったとのこと。昼はレストランでアルバイトをしているので、着物を着ることはできず六本木のお店を希望したいということでした。
時給よりも働きやすさ重視というので、面談後に六本木のアットホームなクラブ『花』に面接に行ってきました。

クラブ花最初の写メはお店に到着して、入口から店内を撮ったものになります。このお店は1日の出勤が15人から週末で20人ほどなので、店内は中箱といったところでしょうか。私たちは写メ左手前にあるテーブル席に通されて面接がはじまりました、



クラブ花クラブ花は今年で7年目のお店。その前は『リッチハウス』という店舗名で営業していて、リッチハウスから分離独立してできたので、以前の店舗から通算すると六本木では20年近く営業する老舗になります。老舗のクラブといってもアットホーム系なクラブなので、高級クラブみたいに働く女性はバリバリの経験者というわけではなく、かなりナチュラルなタイプの子が見かけられます。アットホームで客層が非常に良いというのがナチュラルタイプの子が定着しやすい理由なのですが、それ以外にもクラブ花ならではの理由があります。



クラブ花クラブ花は20年営業する老舗のクラブにもかかわらず、現在3名いるママはすべてこのお店でヘルプからはじめてママに昇格したいわゆる生え抜きのママになります。アットホームな雰囲気のなかだけでずっと仕事をしてきて、お互いをよく理解しあっているので、このお店には全く派閥というものがありません。普通クラブってママが数名いますが、他のお店から移籍してきたママがいるとどうしても派閥ができてしまいます。クラブ花にはその派閥がないので、ギスギスした雰囲気がなくママが優しいので、ナチュラルタイプの子が定着しやすいんですよね。今まで紹介した方から、ママと客層に関してのクレームは一度も聞いたことがないくらいです。
そもそも、3名のママが他のお店に移籍せずに、ずっとこのお店で働いてきているわけですから、それだけでも定着率の高さがわかるはずです。


クラブ花
クラブ花は、働きやすいアットホームなクラブなので、時給は4000円からになります。もちろん評価の高い方は5000円以上でも入店は可能。髪の毛のセットは金曜日と、年に数回のイベントの日だけは強制ですが、月曜から木曜日は自分できれいにしてくればOKになっています。着物を強制されることはなく、服装はワンピースでもある程度は大丈夫です。


クラブ花



面接が終わると、最後に店内を案内していただきました。最後の写メはクラブ花のVIPルームを撮ったものになります。VIPルームは個室というわけではなく、やや高めの仕切りで区切られた、1組が使用できるだけの空間になっていました。



クラブ花は客層が良く、さらにお客さんの年齢層は六本木の中では比較的高めになっています。年齢が高いほうが接客しやすいという希望条件はよく聞きますので、そういう方にもピッタリです。なによりママが本当に優しいので、働きやすさは六本木ではトップクラスです。現在年末の繁忙期に向けての募集も最終段階に入っています。気になる方は早めに面接に行ったほうがいいですよ。年明けはどこのお店も採用を絞りますからね!

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日の子は全くの未経験の方。今まで体験入店さえもしたことがないという大学生の方でした。話を詳しく聞いてみると、学費を自分でも払わないといけないために、少しでも効率のいいアルバイトをしたいと思い応募してきてくれたとのこと。でもあんまり敷居が高いお店だと大学との両立が難しいので、学生でも気軽に働けるお店がいいと言っていました。それならば、学生向けのお店を何店舗か提案すると、西麻布のガールズバー『KAZE(カゼ)』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

KAZE

KAZEは西麻布の交差点からすぐのところにあります。この入口から私たちはお店に入るとメインルームへ通されて面接がはじまりました。


KAZE
2枚目の写メはKAZEのメインルームを撮ったものになります。西麻布のお店って小規模なお店が多いですが、KAZEのメインルームはとても広々していました。この写メのテーブルを囲むようにさらに周りにはテーブルがあり50人くらいは入りそうな感じがします。私たちはここでお店のことについて詳しく教えていただきました。

KAZEはガールズバーになるので、もちろん私服勤務OK。デニム素材NGやスカートはひざ上のみなどの規定はありますがかなり緩めになっていましたね。今日の子はロングブーツに関して質問していましたが、ロングブーツはOKとのことです。髪の毛のセットもしなくかまわないので、普段の髪形のままですぐに働けます。基本的には登録制になるので、遅刻や欠勤のペナルティもなし。送り代は23区内一律500円で23区外は一律1000円という超格安料金になっていました。

時給は、月間の出勤日数で変動するシステムと指名のポイントシステムのどちらか好きな方を選べるようになっています。月間の出勤日数で変動するシステムとは、月間の出勤日数が多いほど時給が高くなるシステム。多く出勤するだけで時給が高くなるのであれば、こっちのほうが良さそうですよね。仕事に自信がある方は指名のポイントシステムを選ぶようです。ただ、面接時の評価が高い方は1万円近い時給の保証もあります。事実、過去に私たちが紹介して1万円近くの時給で入店した方は何名か本当にいたんですよ。

KAZE
面接が終わると7つある個室のVIPルームを案内していただきました。3枚目の写メはフィギュアがたくさんディスプレイされているフィギュアの部屋になります。近づいて見てみると、ルパンやエヴァンゲリオンやガンダムなどのアニメのフィギュアがたくさんあり、富豪の趣味の部屋のような感じがしましたね。すべてのVIPルームには大型のモニターがありカラオケができるようになっています。




KAZE


次は鳥の部屋。赤いオシャレなVIPルームだったのですが、壁には数々の鳥が描かれており、正面の壁の上には大きな鷲のフィギュアがありました。



KAZE



次は雷神の部屋。壁には雷神が描かれており、写メの左側には松の盆栽まであります。とても和を感じることができる部屋は、なんだか落ち着きますよね。


KAZE



次は風神の部屋。ここも奥の壁には風神が描かれており、なんと写メ左側の壁を取り除くと、先ほどの雷神の部屋とつながり大部屋にすることができます。団体客などが来店すると、ここでカラオケをしながら大人数で盛り上がるみたいです。そろそろ忘年会のシーズンですから、今年もここで盛り上がる団体客はいるのでしょう。


KAZE



次は洋風の部屋 Gいグレーで統一された壁に、まっさらな白いソファー。とてもシンプルな部屋になっています。




KAZE



次は洋風の部屋◆ピンクで統一された壁に、同じくまっさらな白いソファー。ここも写メ左側の壁を取り除くと、先ほどの洋風の部屋,箸弔覆り大部屋へと変更が可能になっています。



KAZE


最後のVIPルームは、一番人気のドクロの部屋。大きなドクロマークが印象的なこの部屋は、円卓というのも気に入られて一番使用率が高いとのことです。
私たちは7つあるすべてのVIPルームをじっくり見学させていただき、今日の面接は終了しました。





西麻布のKAZEはガールズバーらしい緩い規則で気楽に働くことができます。4年前のオープン当初はやや派手なタイプも見かけられましたが、現在はナチュラルタイプの子がとても多くなっています。西麻布でこれだけ豪華なお店は他にありません。気楽に働きたい、でも豪華なお店がいいならぜひKAZEに面接に行ってみてはいかがでしょうか。

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日の子は六本木のキャバクラで働いてきた子。話を詳しく聞いてみると、今まで働いたお店のなかでは『六本木チック』が一番合っていたというので、今回はチックと同じようなお店を希望とのこと。六本木にはたくさんのキャバクラがありますが、そのなかでも『ルネサンス』がおススメかなと思ったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。


ルネサンス

ルネサンスはミッドタウン沿いの、キャバクラが多く集まるビルの2Fにあります。


ルネサンス

私たちはこの階段をあがりお店に入ると、なんと大きな白い像が出迎えてくれました。






ルネサンス

3枚目の写メはルネサンスに入ってすぐにあるモーゼ像になります。私の身長よりも大きかったでしょうか。かなり迫力があったこのモーゼ像は、ルネサンスという店舗名の象徴としてどっしりと置かれていました。そもそもルネサンスとは、14世紀 から 16世紀にイタリアを中心に西欧で興った古典古代の文化を復興しようとする歴史的文化革命のこと。当時の巨匠であるミケランジェロの代表的彫刻がこのモーゼ像になります。店内には他にもルネサンス期のクラシカルな絵画やオブジェが数多くみられ、まるで美術館のような空間になっていました。


ルネサンス
私たちはモーゼ像を囲むようにあるメインルームに通されて面接がはじまりました。4枚目の写メはルネサンスのメインルームになります。ルネサンスは今年で8年目のお店。以前はノーブルという店舗名で営業していましたので、通算すると20年営業を続ける老舗のキャバクラになります。系列店には六本木のキャバクラ『スマイル』、ガールズバーの『レスポンス』・『ギャップ』、赤坂のキャバクラ『ウィンダム』があります。
ルネサンスは未経験者でも働きやすい敷居の低いキャバクラなので客層も良く、ヘアメイクとレンタル衣装が無料になっています。

なぜ私が今日の子の「チックと同じようなお店」という希望条件で、このルネサンスを最初に選んだかというと、チックは、元々このグループのお店で働いていた人たちが独立してオープンさせたお店なんです。ですから、お店の給与システム、客層、女性のカラーはかなり近いものがあるので、このルネサンスをおススメしていたんですよね。事実、チック系列で働いていた子をルネサンスにご紹介したことが過去に何度もありますが、溶け込むのが早い子が多かったのを覚えています。
お店の幹部は皆ソムリエの有資格者でワインの品ぞろえが豊富なうえ、フリー指名制なので指名が入りやすいのもチックと似ているんですよね。



ルネサンス最後の写メは、ルネサンスのVIPルームを撮ったものになります。奥まったところにあるのがVIPルームで特に個室というわけではありません。ここはメンバーだけしか利用できない特別な空間になっています。

ルネサンスは六本木のなかでは未経験者が多く働く敷居の低いキャバクラになります。有名店ばかりに気を取られているとこういう働きやすいお店は見逃しがちです。六本木デビューしたい未経験者はまずはルネサンスからはじめてみてはいかがでしょうか。

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

こんばんは。今日は銀座のクラブ『ティアラ』の新規オープンの日。当社がご紹介した女性が数名、オープン初日の今日から働きはじめるので一緒にお店まで行ってきました。

銀座ティアラ

最初の写メはそのティアラの入るビル。並木通り沿いの一等地にあるティアラの右隣には煌々と輝く『ウォータータワービル』があります。








銀座ティアラ

エレベーターで3Fまで行くとティアラの入口には花が飾られていました。1日の出勤人数が15名程度のお店なので、オープン初日でもアタフタした雰囲気はなく、落ち着いた雰囲気が感じられます。







銀座ティアラ

3枚目の写メは入口から店内を撮ったもの。ティアラにはVIPルームはなく奥にメインルームがあるだけのシンプルな作り。同行した女性はすぐに更衣室に入り衣装に着替えることになったので、私だけメインルームに通されて着替えが終わる女性を待たせていただきました。




銀座ティアラ

ティアラは、ママと呼ばれる女性が1名いますが、システム的にはキャバクラになります。このママがたくさんのお客さんを持っていますから、みなさんはヘルプに専念して働くことができます。ママは以前からよく知っている方なんですが、20代と若くみなさんと同世代なので、とても優しくて持っているお客さんも紳士な人ばかりなんです。銀座って年齢が上すぎるママを多く見かけますが、ティアラは違いますよ。ママで苦労した方ならティアラはピッタリです。
銀座のお店にもかかわらず送りが用意されていて、しかも送り代は一律1000円という格安料金。服装はワンピースの子のほうが多く、学生やフリーターの子ばかりでした。


銀座ティアラ
オープン日って女性もスタッフもまとまりがなく、てんやわんやになるお店ばかりですが、アットホーム感たっぷりなティアラは事前の準備がしっかりしていたのか、すべての女性が戸惑うことなく仕事に入ることができていました。20時から続々とお客さんが来店してきたので、私は女性に声をかけてお店をあとにしました。

銀座のティアラは11月1日がオープンの新店になります。客層が良く私たちが紹介した子からの評判は上々です。銀座はなんだか敷居が高そうと敬遠していた方でも、ティアラなら安心して働くことができます。銀座デビューするならまずはティアラからはじめてみてはいかがでしょうか。

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

このページのトップヘ