キャバクラ紹介&派遣サイト『キャバネット』のアドバイザーBLOG

ナイトワークを希望する女性に、六本木・銀座・西麻布のお店を紹介&派遣しているアドバイザーの日々の活動レポートです。

2012年09月

こんばんは。今日は10月18日オープンの六本木の新店、キャバクラ『ファンティリュージョン』の採用担当者の方と打ち合わせをするために、お店まで行ってきました。


ファンティリュージョン



ファンティリュージョンは、キャバクラ『ニュース』・『スマイル』・『ルネサンス』が入るビルの5Fにあります。




ファンティリュージョンお店に入ると、内装はほぼ完成していました。2枚目の写メはファンティリュージョンの入り口から店内を撮ったものになります。店内はこの見えている範囲だけのコンパクトな作りになっています。私は写メにある円形のカウンターでお店のことについて詳しく教えていただきました。
ファンティリュージョンはコンパクトなキャバクラなので、1日の出勤は10人から多い時でも15人程度。ママはいなくて学生やOLなどが中心になります。ドリンクバック・場内指名料・同伴料など手当が充実していて、時給以外でも稼ぐことが可能。アットホームなキャバクラでノルマはないのですが、頑張りたければ稼げるようになっていました。ヘアメイクさんも1名店内に常駐することが決まっているので、希望者は店内でヘアメイクをすることができます。
営業時間は月曜日から土曜日の19時からラストなんですが、なんと4時から12時までは朝キャバもここで営業します。六本木で朝キャバをやっているお店は少ないので、これは貴重ですよね。

ファンティリュージョン打ち合わせの後、店内をじっくり見渡すとかなりかわいらしい内装になっているのに気づきました。それについて聞いてみると、内装はディズニーを意識しているとのこと。この写メのシャンデリアは実際にディズニーランドのシンデレラ城で使用されているものと同じだとか。キラキラ光るマドラー、可愛いブランド物のグラス、光る氷、花瓶のようなシャンパンクーラーと備品にもディズニーらしいこだわりが見られました。そもそもファンティリュージョンとは、東京ディズニーランドで、1995年7月21日から2001年5月15日まで行われていた夜のパレードのことなんですよね。ネーミングにぴったりな店内は、ディズニー好きな女性なら毎日楽しく仕事ができるでしょう。


ファンティリュージョン
最後の写メは、入り口のすぐ横にあるVIPルームを撮ったものになります。ここは4人だけが座れるテーブル席で、落ち着いて飲みたい時には良さそうでしたね。

新店のファンティリュージョンは、10月18日がオープンになります。現在、夜部門と昼部門を急ピッチで募集していますので、気になる方はぜひ面接に行ってみてはいかがでしょうか。実は、このお店は顧問弁護士が充実していて、入店時に希望者には契約書を発行してくれます。時給や個別の約束事などを明記した契約書を発行してくれますから、入店後にトラブルになるということはありません。事実、オープン日の前日である17日は、契約書を発行する日としてお店を開けているようで、誰でも契約書を受け取れます。ナイトワークって、入店後に『聞いてないよ〜』なんていう目に合うこともありますが、こんなしっかりしたお店なら安心して働けますよね。

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日の子は六本木と銀座のクラブで働いてきた子。話を詳しく聞いてみると、今回もまたクラブで働きたいとのこと。多少お客さんも呼べるようですので、日給もけっこう高めを希望していました。そんな高めの日給が出せるクラブを何店舗か提案すると、クラブ『茜』に興味を持ってもらったので、面談後に早速茜に面接に行ってきました。

茜1枚目の写メは茜の入るビルを撮ったものになります。六本木交差点からすぐのこのビルには7月に移転してきたばかりで、店内は新店のようにきれいに仕上がっています。広さが倍近くになったために、以前よりもたくさんの女性を必要としていて、高めの日給を交渉しやすいタイミングというのが、今日最初に面接に来た理由でもあるんですよね。



茜




エレベータに乗り込み茜がある4階で降りると、インパクトのある毛筆体の「茜」のロゴが私たちを出迎えてくれました。



茜





通路を抜けて、フロントの前に行くと今度は大きな絵画とシャンデリアがあります。この絵画は油絵のようで、表面に凹凸があり立体的に見えます。ピンクの色がとても鮮やかなこの絵画を横目に、私たちはメインルームに通されて面接がはじまりました。



茜4枚目の写メは私たちが面接をしたメインルームを撮ったものになります。先ほどのロゴのあったエレベータホールといい、このメインルームといい壁のデザインがかなり印象的ですよね。それもそのはず、このデザインは、某有名着物デザイナーが手掛けたそうで、花柄の着物をそのまま広げたかのようです。こんな純和風な店内で、私たちは茜について詳しく教えていただきました。
リニューアルした茜は、ママが5人とマネージャーと呼ばれる女性が2人いて、1日の出勤人数は週末ともなれば50名にもなる大型店。今年で30年目を迎えるミトスグループの高級クラブになります。六本木を代表する高級クラブということもあり、客単価が高い富裕層のお客さんが多いのも特徴なんです。このメインルームの写メで1卓にはテーブルが2つ並べられているのがわかりますか? 他店ではこの1卓に2名のお客さんが座るんですが、茜は1卓にお客さんは1名というのが基本になっています。他店では限られたスペースにたくさんのお客さんを詰め込むことで売り上げをあげていますが、元々客単価の高い茜は、お客さんにゆったりと座っていただいても十分な売り上げができるのです。


茜


5枚目の写メはピアノ越しに見えるもう一つのメインルームを撮ったものになります。先ほどの和風なメインルームの一角にはこのピアノがあり、その向こうにはガラス張りのもう一つのメインルームがありました。料金は同じなので、お客さんは気分によって使い分けるみたいですね。また、このピアノは毎日プロの方が来て、ジャズやクラッシックたまに邦楽を演奏しながら歌ってくれるそうです。




茜最後の写メは、面接が終わった後に案内していただいた茜のVIPルームを撮ったものになります。完全個室のこのVIPルームはとても広く、大理石の大型のテーブルが2つあってもまだスペースに余裕がありました。写メの右奥には、VIPルーム専用のバーカウンターもあり、襖をあけると大型のモニターが出てきて、カラオケができるようになっていました。わかりやすい広さで言うと、軽く10畳以上はあったでしょうか。そんな大きなVIPルームを茜のお客さんは2・3人だけで使うそうです。茜にはもう一つVIPルームがあり、メインルームが2つVIPルームが2つで108坪もありました。この後更衣室も案内していただいたのですが、パウダールームやロッカーが充実していてかなり使いやすそうでしたね。女性が着替えていたので写メは撮れませんでしたが…。

いまいち景気が良くならない中で苦戦するお店も多いのに、茜はむしろ店舗を拡張しています。それは30年営業する中で、着実に本物の富裕層を掴んできたからに他なりません。リニューアルをしてますます活気が出ている今のうちにぜひ面接に行ってみてはいかがでしょうか。客単価が高いから日給水準も高いですよ!

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

セリーネ

こんばんは。今日は瀬里奈グループの六本木の高級クラブ『セリーネ』に19時ごろ打ち合わせに行ってきました。1枚目の写メは、セリーネの入るビルになります。このビルは瀬里奈グループの自社ビル瀬里奈ビレッジで、他にクラブ『花かん』やニュークラブの『ビゼ』が入る有名なビルになります。私は1Fにあるエレベーターで3Fまで行き、お店に入るとVIPルームに通されて採用担当者と打ち合わせがはじまりました。



セリーネ
2枚目の写メはそのVIPルームを撮ったものになります。セリーネは六本木でなんと37年も営業する老舗中の老舗でとても歴史のある高級クラブです。そのせいか、最近できた新店とは違い、とても落ち着きのあるレトロな雰囲気のVIPルームになっています。奥には高そうな壺や骨董品が見られました。トレンドばかりを追求した派手なお店よりも、やっぱりこういうお店の方が安らげるのは私だけでしょうか。
実は、セリーネは今月の18日から21日までに37周年のパーティーが行われます。そのパーティーで女性を必要としていることと合わせて、すでに年末に向けて積極的に採用をしていくようで、私たちに協力してほしいということで、今日打ち合わせをすることになっていたのです。


セリーネセリーネはママが8人もいて、1日の出勤は多い時で40人ほどにもなります。伝統のあるお店なので客層が非常に良く、有名人や芸能人も多数来店しています。だいぶ前の話ですが、セリーネによく来店していたプロ野球選手とここで働いていた女性が結婚したことを私は知っています。それに、あの大物元プロ野球選手のKも現役時代はここで飲んでいたのを何度も見かけたことがありました。これだけ伝統のある高級クラブですから、有名人がお忍びで使いたくなるのもわかりますよね。有名人はプライバシーを気にしますから、新店よりも実績のあるお店でよく見かけます。
そんな客層の良いセリーネは、在籍する女性も品のある方が多く高級クラブにもかかわらず溶け込みやすいのも特徴でしょうか。お店にはヘアメイクさんが1名常駐しているので、店内でヘアセットも可能。近くに寮も完備しているので、上京者がすぐに六本木の名店で働くことができてしまいます。

セリーネ




4枚目の写メはメインルームにあるピアノを撮ったものになります。毎日プロの方が来ているそうで、ここでバラードなどを弾いてくれています。しかも日替わりでいろんなピアニストがきているそうで、毎日出勤していてもぜんぜん聞き飽きないみたいですよ。




セリーネ最後の写メはメインルームの一角を撮ったものになります。ママが8人もいるセリーネですから、営業中のメインルームはいつもお客さんでいっぱいです。

セリーネは今年で37周年を迎える六本木の名店になります。伝統があり格式高いお店にもかかわらず、客層がよく女性も優しいので、実はかなり働きやすいお店になります。今まで敷居が高そうなんて思っていた方はぜひ一度体験入店で確かめてみてはいかがでしょうか。それがすぐにわかるハズです。
こんな名店で一度は働いてみないと本当の六本木ってわからないと思いますよ。


NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日の子は、昼間の会社を辞めたばかりという20代半ばの子。話を詳しく聞いてみると、次の仕事がみつかるまでは週4日は出勤できるのですが、会社が決まれば週2出勤に減らせるお店を希望とのこと。
こういうつなぎでキャバクラで働きたい女性ってよく応募があるんですよね。シフトの融通が利くお店がいいということなので、少し緩めのキャバクラを何店舗か提案すると、六本木のキャバクラ『ピアニシモ』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

ピアニシモ


ピアニシモは、系列店に六本木の高級クラブ『ピアノ』とクラブ『ボレロ』があったんですが、実はボレロが8月中旬に閉店してしまいました。そのボレロの男性スタッフやお客さんがピアニシモに来ているみたいで、今までよりも活気づいているということだったので、今日の子にもおススメしていたんです。





ピアニッシモお店に入ると私たちはメインルームに通されて、面接がはじまりました。2枚目の写メはピアニシモのメインルームを撮ったものになります。ピアニシモは2007年6月21日に別の場所でオープンしたんですが、昨年の9月にここに移転して来たばかりなので、店内はかなりきれいでしたね。清潔感が感じられるメインルームは、高級店に全く引けをとりません。
そんなメインルームで履歴書を記入していると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。
お店の営業時間は月曜日から土曜日の20時から1時。キャバクラになるので、平均年齢24歳くらいの若いメンバーが多数在籍しています。店内には、ヘアメイクさんが平日は2名、週末は3名常駐しているので、店内で気軽にヘアセットも可能。衣装はドレスを着ている女性が多いですが、キャバクラなのでやや緩め。私服で着ているワンピースも、ものによってはOKです。六本木には高級クラブやニュークラブといった未経験者にはやや敷居が高いお店が多いんですが、ここは未経験者でも普通に働けるキャバクラなので、今日の子のようにシフトに不安がある女性でも快く受け入れてくれました。

ピアニッシモ3枚目の写メは面接の後に見せていただいたピアニシモのVIPルームを撮ったものになります。VIPルームの中央には、花が飾られており、これを囲むようにテーブルが配置されていました。六本木のキャバクラで、これだけ大きなVIPルームがあるお店ってあんまりないんですよね。キャバクラってリーズナブルなお店が多いですからメインルームだけだったり、VIPルームがあっても小さいスペースなんですが、ピアニシモは系列の高級クラブ『ピアノ』の富裕層のお客さんも来店しているからか、こんな豪華で大きなVIPルームがありました。




ピアニッシモ4枚目の写メはメインルームに戻った私たちが、ちょっと待たせいていただいたバーカウンターを撮ったものになります。面接官が、急に電話の対応をしはじめてしまったので、それが終わるまで私たちはここで待つことになったのです。
カウンターの前には大型のモニターがあり、営業前のこの時間は普通にテレビが映っていました。私たちはテレビをみて時間をつぶしていると、面接官の電話が終わり、最後に体験入店の日程を決めて今日の面接は終了しました。

ピアニシモは六本木では未経験者でも働きやすい敷居が低いキャバクラになります。今日の子のように途中から出勤日数が少なくなってもぜんぜん問題はありません。
六本木デビューするなら、いきなり高級店に入るよりも、まずはこれくらいのお店からはじめてみるといいもしれませんね!

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

こんばんは。今日は六本木の高級クラブ『ロミウ』に入店する子がいたので、21時ごろに様子を見に行ってきました。私たちがご紹介した子が入店初日の日には、一人でお店に行くと心細いはずですからアドバイザーが同行するようにしているんですよね。


5


1枚目の写メはそのロミウのエントランスを撮ったものになります。ロミウは六本木の高級クラブ『ジュリエッタ』の姉妹店として、今年の5月28日にオープンしたばかりのお店になります。私はこの階段を下りてお店の中に入りました。




ロミウ


2枚目の写メは、着替え中の女性が来るまで待たせていただいた、ロミウのメインルームにあるカウンター席を撮ったものになります。7人ほどしか座れないこのカウンター席の前にはなんとステージがあり、そのステージの上ではプロのダンサーが踊っているではないですか。




ロミウ
3枚目の写メはそのダンサーを撮ったものになります。紫色のスポットライトが逆光のために、なんだかボヤやけてしまいましたが、プロのダンサーが1名、レゲエなどの音楽に合わせて踊っていました。このダンサーはプロダクション所属のプロの方のようなので、写メがボヤけて良かったです・・・。30分程度踊ったら次のダンサーが交代で現れてステージ上ではずっと踊り続けていました。ちなみに、カウンターの上に写っているスマホは私のもう一台の携帯になります。
今日入店した女性は、着替えやら、店内の説明やらでかなり時間がかかっていたので、私はここでダンサーを見て待っている時間のほうが長く、ロミウの営業中がいろいろ見えて勉強になりました。

ロミウロミウはオープンしたばかりとあって、オープニングメンバーをまだまだ大募集しています。六本木の高級クラブのなかではかなり内装にお金をかけているので、豪華さは六本木トップクラスです。それに、プロのダンサーがステージで踊り続けているお店なんて、他にはないですよね。新しいタイプの高級クラブロミウで働いてみたい方はぜひ面接に行ってみてはいかがでしょうか。

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

このページのトップヘ