キャバクラ紹介&派遣サイト『キャバネット』のアドバイザーBLOG

ナイトワークを希望する女性に、六本木・銀座・西麻布のお店を紹介&派遣しているアドバイザーの日々の活動レポートです。

2012年08月

鞘
こんばんは。今日は、先日当サイトに女性紹介のお問い合わせがあった六本木のガールズバー『鞘(さや)』に打ち合わせに行ってきました。鞘は六本木交差点近くのきれいな築浅のビルの7Fにあります。







鞘お店に着くと、女性社長から鞘について詳しく教えていただきました。このお店は8月1日にオープンしたばかりのガールズバーで、1日の出勤人数は5人くらいのとてもコンパクトなお店です。2枚目の写メは鞘の店内を撮ったものになるのですが、これだけのスペースなので5人もいれば十分ですよね。鞘は、六本木の高級クラブでずっと働いてきたベテラン女性が独立してオープンさせたお店なので、ガールズバーと言っても、客層は高級クラブに来店する富裕層しか今のところいません。ガールズバーって若いイケイケな客層のお店もけっこうありますが、ここは落ち着いたおじさまばかり。
ガールズバーなので、服装は私服OKで、もちろん髪の毛のセットも必要ありません。ペナルティもないのでかなり緩く働くことができます。しかも、社長自身が今まで六本木で掴んだお客さんを呼ぶので、みなさんは営業はしなくてもいいとのこと。社長はそこはかなり自信があるようで、私に強調して言ってくれました。六本木で10年以上のキャリアがある社長ですから、お客さんとの信頼関係もバッチリみたいですね。


鞘


3枚目の写メはお店の奥から入り口方面を撮ったもの。店内にはモニターがあり、カラオケができるようになっていました。その奥にはクローゼットがあり、ここに荷物などを入れておくことになります。私服で勤務できますから特に更衣室はないようでしたね。






鞘4枚目の写メはカウンターを撮ったものになります。営業中はここに男性スタッフが1名立って仕事をしています。ですので、接客もしている女性社長と男性スタッフ1名で切り盛りしている鞘は、ミニクラブのようなアットホーム感があります。

まだオープンしたばかりですから、店内はきれいですし、古株の子もいないので働き心地はかなり良さそうです。お客さんは高級クラブに来店する富裕層ばかりなので、他のガールズバーでは出会えないようなお客さんも多く見かけました。六本木で緩〜く働きたいと思ったら、こんな新店の鞘はいかがでしょうか。ペナルティがなく登録制なので、まだまだ女性をたくさん必要としています。ご希望の方はお気軽にキャバネットからご応募ください!

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日の子は今までナイトワークの経験が全くない子。話を詳しく聞いてみると、アルバイトはレストランのウエイトレスしかしたことがないので、ナイトワークのお客さんとの接客は全く自信がないということでした。こんなタイプの方なら、あまり接客をしなくて済むカウンター越しのガールズバーがおススメだと思ったので、面談後にDHCのラウンジ『ヴァニシングポイント』に面接に行ってきました。

ヴァニシングポイントは、あの化粧品会社のDHCが経営するお店で、六本木でとても人気があるお店です。基本的にはラウンジになるので、普通のナイトワークのように横に座って接客するお店になるのですが、実は店内にはカウンターがあり、そのカウンター内でガールズバーのように立ってお仕事をする職種もあるんです。今日の子は、そのカウンター越しのお仕事ならできると思い、面接に来てみたのです。


ヴァニシングポイントヴァニシングポイントのあるビルに到着して、私たちはエレベーターに乗り、3階にあるお店に入りました。

お店に入り、そのカウンターに座ると面接官が詳しく説明してくれました。
今回希望する職種はカウンター越しのガールズバーと同じ仕事内容で、お酒を作ったり、洗い物をしたり、フードを取り分けたり、カウンターに座るお客さんの話し相手になったり。服装はスカートなら私服OKで、時給はなんと4000円!カウンター越しのガールズバーで時給4000円は聞いたことがありませんから、破格の時給ですよね。営業時間は、月曜日から金曜日の19時30分から23時30分までなので、全員が電車で帰れます。それでいてDHCが経営する安心感まであるので、六本木で一番人気があるお店というのも納得です。


ヴァニシングポイント今日の子は今度一度体験入店をしてみることがその日のうちに決まり、今日の面接は終了しました。

六本木で一番人気があるお店ヴァニシングポイントは当社しか紹介することができません。ご希望の方は下記に募集要項を書いておきますので、お気軽に「キャバネット」からご応募ください!該当者はすぐにご紹介させていただきます。
六本木を中心に17年活動している当社だから紹介できるお店はほかにもあります。他でなかなかいいお店が見つからないと思ったら、ぜひキャバネットをご利用ください!

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
ヴァニシングポイント

〇営業時間は月曜日から金曜日の19時30分から23時30分
〇完全会員制なので、お客さんは審査をパスした富裕層のみ。危ないお客さんは一人もいません。
〇指名・同伴制度がないので、完全にノルマがありません。
〇髪の毛のセットは必要ありません。
〇在籍者がなかなか辞めないお店なので、週1日出勤希望本当に大歓迎です。

常時下記3職種を募集しています。

.侫蹈▲譽妊
時給:5000円
仕事内容:席についての接客
服装:スカートならけっこう何でもOKです。

▲ウンターレディ
時給:4000円
仕事内容:カウンター越しのガールズバーと同じです。
服装:スカートなら私服でOK

バニーガール
時給:4000円
仕事内容:ウエイトレス業務のみ。
服装:バニーガールの衣装

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp 

こんばんは。今日は仕事を早めに終え、当社のアドバイザーたちと食事に行ってきました。今日行ったのは『六本木ビアガーデン』。このお店は六本木ロアビルの5階で、夏場だけ期間限定で営業しているんです。以前から気になっていたのですが、今日やっと行くことになりました。



六本木ビアガーデン1枚目の写メはその六本木ロアビルになります。このビルは六本木でも大型のビルで、ナイトワークのお店ではキャバクラ『ZOO TOKYO』とクラブ『クロリス』の2店舗が入っています。正面のこの写メではいったいどこにビアガーデンなんてあるの?と思ったのですが、5階には開放感のあるビアガーデンがしっかりとあったのです。


六本木ビアガーデン2枚目の写メはロアビルの裏側を撮ったものになります。お祭りで使用されるようなライトが装飾されていて、なんだか六本木には似つかわしくない光景です。


六本木ビアガーデン私たちがお店に入ると、店内はとても混んでいましたね。客層はサラリーマンとOLさんたちがほとんどで、ナイトワーク系の方はあまり見かけません。私たちはテーブルに案内されると、早速生ビールで乾杯しました。六本木でこれだけ開放感があるお店はないですよね。遠くまで見渡せる景色を見ていると、六本木ってこんなところだったのかと、じっくり観察してしまいました。私は六本木交差点付近のビルが密集しているところで仕事をしていますから、全く別の顔をした六本木にはなんだか引き寄せられるものがあります。


六本木ビアガーデン4枚目の写メはビアガーデンから見える六本木ヒルズを撮ったものになります。ここではビルの根元から屋上までくっきりと見ることができます。これだけきれいに、かつ間近に六本木ヒルズを見ることができるのってここだけのような気がしますね。
ちなみに写メに移っている水着を着ている女性は、ビアガーデンのウエイトレスになります。なんとここのウエイトレスは全員上半身水着で接客をしているのです。ちょっと目のやり場に困るくらいの大胆な水着には、サラリーマンや私たちのテンションンも上がる一方です…。


六本木ビアガーデン最後の写メは、ビアガーデンから見える東京タワーを撮ったものになります。カラフルな東京タワーが見えますが、これはオリンピックカラーの東京タワー。現在開催中のロンドンオリンピックに合わせて点灯しているみたいです。ビアガーデンでこんな貴重な東京タワーを見れるなんて、まさに至れり尽くせり。

私たちはこんな景色を見ながら、広々したビアガーデンでみんなで気持ち良く生ビールを飲むことができました。私が六本木で17年活動していても気づかなかった、六本木の新たな一面も見ることができてとてもよかったですね。エアコンの効いているお店ばかりではなく、たまにはこんなビアガーデンでおもいっきり生ビールでも飲んでみてはいかがでしょうか。

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日の子は福岡県の中洲で働いていた20代半ばの子。話を詳しく聞いてみると、中洲では時給6000円はもらえていたので、東京ではそれ以上の時給をもらいたいとのこと。そうでないと上京して来た意味がないから!と強く希望していました。それならば東京で高額時給が出やすいお店を何店舗か提案すると、六本木のニュークラブ『ビゼ』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

ビゼ


六本木交差点からすぐのところにビゼはあります。この奥にエレベーターがあり、地下一階に下りて私たちはお店に入りました。


ビゼ2枚目の写メは、お店に入ってすぐ目の前にある通路になります。壁はすべて大理石でできており、照明はスワロフスキーと通路からすでに豪華な作りになっています。この通路の左側にメインルームがあり、奥にはVIPルームがあります。今日はメインルームに通されて面接がはじまりました。






ビゼ
このメインルームはとても広く、かなり開放感がありましたね。ビゼの内装は、世界的ブランドのファッションビルを手掛けた有名デザイナーがデザインしたそうで、テレビや雑誌でもビゼの店内はよく見かけます。そんなビゼのメインルームで私たちはお店のことについて詳しく教えていただきました。
ビゼは2004年にオープンしているので六本木では8年目になります。オスカーグループのお店が都心で初めてオープンしたお店がビゼなんですよね。オープン当時は高額時給が出るお店ということで話題になりましたが、今でもそれはかわりません。
ビゼは、最初の数か月間は保障時給なんですが、それ以降は基本的にはポイントスライドの給与体系になります。本指名が1時間1ポイント、場内指名が0.5ポイント、21時までの同伴が2ポイント、21時以降の同伴が1ポイントとなっていて、それを月間で何ポイント取れるかで時給がスライドすることになります。
さらに「個人分配査定」というものがあり、上記ポイントでは表れない売上金額を給与に反映してくれます。たとえば、1時間で帰ってしまう太客がいたとしましょう。その太客は、1時間でいつも20万円以上使うんですが、ポイント制だと1ポイントにしかなりません。普通のお客さんは1時間で数万円しか使わないのに同じ1ポイントでは、なんか不公平ですよね。
そんなポイントには表れない売上をきっちり計算して、売上金額が多い子にはそれなりに還元しようというのが個人分配査定になります。ですので、どんなタイプのお客さんでも給与にしっかり反映されるようになっているのが、ビゼの給与システムのいいところでもあります。
そして、オスカーのお店は送りが安いのも特徴の一つです。送り代は、A(港区・千代田区・中央区・目黒区・渋谷区)だと500円、B(品川区・新宿区・文京区・世田谷区)だと1000円、C(その他23区)だと1500円になっています。23区外は距離に応じて2000円から2500円。
六本木の他店ではまず出ない遠方の送りも可能。北は埼玉県久喜市、西は東京都昭島市、南は神奈川県茅ヶ崎市、東は千葉県東金市まで私たちが紹介した子で過去に送りが出たことがあります。これなら一都三県に住んでいる方が働ける可能性がありますよね。


ビゼ4枚目の写メは面接の後に見せていただいた、VIPルームを撮ったものになります。VIPルーム内には何席もテーブルがあり、こちらは多くのお客さんに対応できる広々したVIPルームになっていました。バカラの花瓶などが多数ディスプレイされているVIPルームはメインルームとは一味違う雰囲気になっていました。






ビゼ5枚目の写メはもう一つのVIPルームを撮ったものになります。こちらは2組のお客様に対応できるコンパクトなVIPルームになっています。真ん中にある仕切りは取り外し可能で、1組が広々使うケースが多いみたいですね。ここは他から全く見えないVIPルームなので、芸能人がよく使うそうですよ。

六本木のビゼは高額時給が魅力のお店でどこよりも稼ぐことができます。給与システムがフェアなので、頑張っているのに給与が安いということは絶対にありません。東京でおもいっきり稼ぎたい!!と上京して来た方、ぜひビゼに面接に行ってみてはいかがでしょうか。地方のお店ではもらえない時給がでるはずですよ!

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

このページのトップヘ