キャバクラ紹介&派遣サイト『キャバネット』のアドバイザーBLOG

ナイトワークを希望する女性に、六本木・銀座・西麻布のお店を紹介&派遣しているアドバイザーの日々の活動レポートです。

2012年01月

ルパン1ルパン2
こんばんは。今日は18時から初回面談。今日の子は六本木と西麻布と新宿のお店で働いてきた子。話を詳しく聞いてみると、今回はガールズバーで働きたいとのこと。しかも、日払いを多くもらいたいというので、そんなお店を何店舗か提案すると六本木のガールズバー『ルパン』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

1枚目と2枚目の写メはルパンのメインルームを撮ったものになります。真ん中に白い通路がありその両側に写メのようなメインルームがあります。ルパンにはVIPルームがなく、1日の出勤人数は15名程度なのでこのメインルームだけのコンパクトな店内になっています。

面接では、お店のことについて詳しく教えていただきました。ガールズバーなのでもちろん私服でOK。今日女の子から細かい服装の質問が出ていましたが、かなり緩い感じがしましたね。髪の毛もセットしなくていいので、普段のままで働くことができていまいます。そして何よりもうれしいのが、給料がほぼ全額日払いということ。ルパンは5000円単位で日払いができるんです。たとえば、その日の手取り金額が1万8000円だった場合、1万5000円はその日にもらえて、残りの3000円は翌月にまとめて支給されます。これならほぼ完全日払いと言ってもいいですよね。全額日払いのお店って、なかなかないですからこれは貴重なお店です。私服で働けて、日払いができれば今日の子の希望通りなので、今度体験入店をすることが決まり面接は終わりました。

実は、このルパンの一応系列店になるのですが、12月15日に銀座『ルテモ』というガールズバーがオープンしています。なんと、そのルテモは営業時間が18時から24時までと全員が終電上がりが可能なお店なんです。ルパンと同じシステムなので、ルテモもほぼ完全日払いで私服OK。ただ、このお店は現在一旦閉店していて2月中旬から再開予定です。終電上がり・私服・完全日払いということで、12月のオープン前後はとても人気があり、私たちはたくさんの子を紹介しました。

銀座のルテモは、閉店中の現在も面接は受付けています。こちらをご希望の方もぜひキャバネットからご応募ください。再開まではルパンで預かりで働くこともできますよ!

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

フュージョン2フュージョン1
こんばんは。今日は六本木のクラブ『フュージョン』の店長さんと打ち合わせをするために、18時ごろにお店まで行ってきました。お店に着くとメインルームに通され、私が座って待っていると、店長さんが現れ打ち合わせがはじまりました。

1枚目の写メは私が座った席のすぐ隣にある、大きな水槽を撮ったものになります。なんとフュージョンにはメインルームの一角にこんな大きな水槽があり、営業中は外人の美女が、人魚にふんし泳いでいるんです。10年ほど前、私が面接に行って初めて見たときは、何か人形のようなものを沈めているのかな?と思ったのですが、近くに行って見てみると、外人が手を振ってくれて、これ本物の人間だ!と驚いた記憶があります。それがオープンから12年たった今でも、人魚が泳ぎ続けているのですからビックリですよね。水槽内は暖かいお湯になっているみたいなので、この時期でも人魚はいつも通り泳ぐことができています。

2枚目の写メはフュージョンのメインルームを撮ったものになります。このメインルームは100坪以上もあり、とても広くて携帯ではすべてをおさめることができません。この写真の奥にはステージがあり、営業中には外国人グループによるライブ演奏も行われるとのこと。これだけ大きなスペースですから、まるでどこかのコンサートホールにでも来たのかと思ってしまいます。

そんなフュージョンはママが3名、1日の出勤人数は35名程度の六本木の高級クラブになります。こんな豪華な店内ではお客さんの財布の紐が緩むのか、客単価も高く日給も他店より若干高めというものが、フュージョンのいいところでもあります。さらに、店内には専属の美容師が2名から3名常駐しているので、遠い美容室に行く必要もありません。系列店には、バッドガールズやエンカウンターがあるので、六本木では有名なグループのお店という安心感もあります。

今日の店長さんのお話では、1月になっても忙しくたくさん女性を必要としていると言っていました。1月ともなれば、お客さんが減りますから、採用を抑制しているお店もあるなか、フュージョンは積極採用中です。テレビや映画にも使われたことのある、六本木の有名店フュージョンで働きたい方はぜひ面接に行ってみてはいかがでしょうか。

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』
http://www.kyabanet.jp

美の間1美の間2
こんばんは。今日は18時から初回面談。今日の子は、六本木のクラブで働いてきた子。話を詳しく聞いてみると、昨年で前のお店を辞めたので、今年から新しいお店で働きたいとのこと。今まで六本木のクラブでやってきたので今回もまた六本木のクラブがいいかなということでした。そのなかでも昨年7月にオープンしたばかりの、オスカーのクラブ『美の間』が気になるということなので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

お店に着くと今日はメインルームに通されて面接がはじまりました。1枚目の写メは美の間のメインルームを撮ったものになります。ここは、以前キャバクラ『ルパン』が入っていた箱で、当時と同じようにVIPルームはなく、メインルームだけのコンパクトな店内になっていました。黒を基調とするダークな空間は大人の女性にはピッタリな感じがします。2枚目の写メはメインルームの反対側になります。ママは1名で1日の出勤人数は多くても20名程度なので、オスカーのお店にしてはだいぶ小規模なお店になりますね。

この美の間のいいところとしては、まず送りが早いこと。クラブなのに1時ジャストでみんなが上がり、すぐに送りが出るんです。オスカーはグループ全体で莫大な数の送りの車を用意しています。そのため、小規模な他店ではできない、スムーズな配車が可能なんです。以前紹介した子からも、他店ではありえないくらい送りが早いという意見はよく聞きますね。そして、客層が良いこと。ここのママは六本木のクラブ『茜』出身の方なので、社会的地位の高い富裕層の方が多く来店しています。オスカーグループは知名度が高く業界大手のグループなので、悪質な給与未払いなどがなく、安心して働けるのもいいところですね。

オスカーは今年も新店を六本木でたくさんオープンさせることが予想されます。特に、この美の間を皮切りに、クラブを多店舗展開していくので、今までオスカーには縁のなかったクラブ向きの方も、働くことがあるかもしれません。オスカーのお店はいつでもご紹介できますので、ご希望の方はお気軽にご応募ください。当社にはオスカー専属のアドバイザーがいますので、面談時にかなり詳しいことまでお伝えすることができますよ!

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』
http://www.kyabanet.jp

ビバスビバスVIP
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします!

今年も18時から初回面談。今日の子は昨年までOLをしていた20代半ばの子。話を詳しく聞いてみると、今まで勤めていた会社を昨年いっぱいで退社し、今年はナイトワーク一本でしっかり稼ぎたいとのこと。でもブランクもあるしお酒もあまり飲めないので、いきなり敷居が高いお店だと大変なので最初は働きやすいアットホームなお店を希望とのこと。それであれば、六本木のアットホームなお店を何店舗か提案すると、キャバクラ『ビバス』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

お店に着くと今日はメインルームに通されて面接がはじまりました。1枚目の写メは、ビバスのメインルームを撮ったものになります。このお店はなんと、バリをイメージした内装になっていて、店内は高級無垢材を使用したバリ家具で統一されていました。天然木をふんだんに使用した家具は温かみがあり、アロマの香りが漂うこのメインルームは、本当のバリに来た気分にさせてくれます。小物や雑貨までバリのもので統一された店内は、ナイトワークのお店ということを忘れさせてくれました。ここまでこだわり抜いたキャバクラってそうはみかけません。
奥の50型くらいある大型のモニターはカラオケができるようになっていて、カラオケをしないときにはDVDで洋画を流しているそうです。

そんなメインルームで履歴書を書いていると、女性の店長が現れ面接がはじまりました。実はこのお店、以前このブログで書いた『オレンジ』の姉妹店で、オレンジ同様女性だけで経営しているお店なんです。オープンは2008年の10月、まだまだ若いお店なので古株の女性なんて全くいません。営業時間は月曜日から金曜日の19時からラスト。1日の出勤人数は5名程度で、超アットホームなキャバクラになります。これだけの規模のお店だと、スタッフの目が届きやすいですから安心ですよね。時給は3000円からですが、その分敷居の高いお店にはない”働きやすさ”を誰でも感じられます。コンパクトなお店なので送りはないんですが、そのかわり帰りのタクシー代の半額を支給してくれるとのこと。このほうが無駄な送りの車待ちをしなくてすむので、すぐに自宅に帰れます。シフトに関しては終電上がりもぜんぜんOK。毎週水曜日に翌週のシフトを提出すればいいので、大学生がテスト中休みたいとか、旅行に行ってくるとか、簡単に休むこともできてしまいます。ペナルティも緩く、髪の毛のセットもありませんし、ワンピースでも働けますから、ガールズバーのような気楽さもありますね。

2枚目の写メは面接の後に見せていただいたビバスのVIPルームになります。このVIPルームは靴を脱いでくつろぐようになっていて、とてもまったりできるスペースになっていました。ちなみに、ビバスとはインドネシア語で『自由』を意味します。みんなが自由に楽しく働けるお店なので、その店名はピッタリですよね。

バリをコンセプトにしたナイトワークのお店って珍しいですよね。六本木や銀座は高級志向のお店が多いですから、こんなナチュラルな雰囲気で働くことは他ではできません。女性だけで経営するお店だからこそ、女性目線が活かされこんな斬新なお店に仕上がったのでしょう。もとろん仕事の面でも、男性スタッフにはわからない気持ちも理解してくれるので、仕事はしやすいですよ。
気になる方はぜひ面接だけでもいかがでしょうか。店内を見たらきっと気に入っていただけると思います!

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』
http://www.kyabanet.jp

このページのトップヘ