キャバクラ紹介&派遣サイト『キャバネット』のアドバイザーBLOG

ナイトワークを希望する女性に、六本木・銀座・西麻布のお店を紹介&派遣しているアドバイザーの日々の活動レポートです。

2010年09月

レクスこんばんは。今日は20時から初回面談。今日の子は20代後半の普通のOLの方。話を詳しく聞いてみると、最近までOLだけをしていたそうですが、急にお金が必要になり、夜も掛け持ちしたいとのこと。なんでも、昼の会社は契約社員で週5日出勤しているのに、夜も週5日のレギュラー出勤で掛け持ちしたいというのですから、すごいですよね。
過去にもこういうハードワーカーな方はけっこういて、私が一番すごいと思った人は、当時朝まで営業していたキャバクラ(今はありません)で週5で5時まで働いて、その後家に帰りちょっと仮眠して9時から会社で働いていた子がいました。その子は元々寝なくてもいい体質なようで、私には「1日1時間から2時間だけ寝れば大丈夫なの」と言っていたのを覚えています。女性ってけっこう体力あるんですね〜。

そんな今日の子は、年齢的にもルックス的にもクラブが合いそうなので、面談後に早速クラブ「REX(レクス)』に面接に行ってきました。お店に着くと、まだ火曜日の21時前だというのにメインルームは半分近くお客さんで埋まっていました。さらにVIPルームもお客さんでいっぱいなので、今日はバーカウンターに通されて面接がはじまりました。写メはそんな、クラブREXのバーカウンターになります。写メの奥がメインルームで、私達の席の後ろにはVIPルームがあります。このお店はママが2人いて、週末だと40名くらい出勤する営業面積70坪ほどのやや大きめの箱になります。そんな大きめな箱なのに、火曜日の21時前ですでに半分くらいが埋まっているとはすごいですよね。面接官の話では、この時間に面接ができるのは珍しいようで、いつもはもっと入っているので、営業時間中の面接はしないと言っていました。

今日の子もこんな活気溢れる店内には魅力を感じたようで、かなりお気に入りのようでしたね。やはりお客さんが入っていなければ稼げないですし、なによりも時間が経つのが遅くて、今日の子もさすがに疲れが出てしまいそうですからね。
実は、私はこの面接の後、他の子の面接で3店舗行きましたが、火曜日の早い時間ということもあってどこもそんなには入っていませんでした。REXが今の六本木ではよくお客さんが入っていることが、今日の状況からよくわかりましたね。

REXは2006年7月13日にオープンしているので、5年目を迎えるクラブになります。最近は特に好調のようで、お客さんがよく入っているというウワサは聞いていましたが、今日見たかぎりでは間違いないようでしたね。こんな世の中でも活気のあるお店で働きたい方はぜひREXに面接に行ってみてはいかがでしょうか。
このお店は、クラブにもかかわらず土曜日も営業していてるので、シフトが組みやすいメリットもあります。土曜日やっていれば週3日入れるのに!という話を面談中に女性からは良く聞きますので、そんな女性にもおススメですよ!

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp

アリスこんばんは。今日も18時から初回面談。今日の子は、このブログでニュークラブ『アリス』のオープンを知り、どうしても面接に行きたいと逆指名で来てくれました。面談でお店の近況やシステムを説明し、より納得していただいてから早速お店に面接に行ってきました。

お店に着くと、営業前なので今日はメインルームに通されて面接がはじまりました。写メはそんなアリスのメインルームになります。オープンしたばかりなので店内はとてもきれいで、オスカーグループらしい豪華な内装になっていました。面接では、お店のことについて詳しく説明していただきましたが、基本的にはオスカーグループのビゼやミュゼルバと同じ給与システムと料金設定なので、コンセプトはニュークラブになっています。

面接が終わると店内を案内していただきました。最初に案内されたのは更衣室。一人1個はありそうなくらい並べられたロッカーの奥には、美容師さんが4名は常駐するというヘアメイク室がありました。そして、次に案内されたのはロイヤルVIPルーム。カラオケがある豪華な部屋には、高級ホテルにあるようなバスタブがオブジェとして置いてあり、なんとも斬新なつくりになっていましたね。そして内階段を下りて、VIPルームへ。暖炉がある落ち着いたスペースと、カジノバーのようなスペースの2つに分かれているVIPルームはちょっと不思議な空間になっていました。そんな店内は総営業面積が110坪のツーフロアーになっています。

アリスは、オスカーグループならではのハイクラスな子が集まり、オープンから2週間が経過しました。面接では高額時給が提示されている子もたくさん出ているようですので、気になる方はぜひ面接でもいかがでしょうか。
今から入店しておけば、保証が切れるのがお客さんがたくさん来る年末になるので、ちょうどいい時期かもしれませんね。

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp

レイレイVIP

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日の子はナイトワークの経験は浅い専門学生の子。今通っている専門学校は毎日忙しいようで、夜のバイトは週2・3日で気楽にできるお店を探したいとのこと。たしかに専門学校って2年間しかないので大学生に比べて時間の余裕がないですよね。
敷居が高いお店だと気楽に働くこともできないので、学生などが多い標準的なキャバクラを何店舗か提案すると、キャバクラ『レイ』に興味を持ってくれたので、面談後に早速面接に行ってきました。

レイは今年で10年目を迎えるお店で、六本木の中では、未経験者でも働きやすい標準的なキャバクラになります。実は、レイは9月24日にお店を移転して、リニューアルオープンをすることが決まっているのです。今日の子はそんないいタイミングなら入店しやすいと思い、面談でもおススメしていたんですよね。
お店に着くと、今日はVIPルームに通されて面接がはじまりました。面接がはじまると、リニューアルまでのスケジュールやお店の規則について詳しく教えていただきました。スケジュールといっても、直前まで今の箱で営業しているので、普段どおりで問題はないと言うことで一安心。預かりや待機といった心配はありません。
また、お店の規則はリニューアルでより働きやすい規則に変わるようで、けっこうおいしい条件が揃っていましたね。例えば、このお店は髪の毛のセットは強制ではありませんが、美容室を使った場合は1000円まで支給されます。そして送り代はどんなに遠くても一律2000円。タクシーで2000円以内で帰れる子はタクシーを使用するそうです。このお店はかなり遠くまで送りを出してくれるので、遠方に住んでいる方はとてもお得ですよね。さらに服装はワンピースなどでOK。ドレスを着てももちろん大丈夫なのですが、お店は私服で使えそうなワンピース類を奨励しています。
面接でこんなお店の規則を説明してもらった後、なんと、内装が出来上がっている移転先のお店を見せていただきました。1枚目の写メはリニューアル後のレイのメインルームになります。全体的に黒を基調としたシックな内装は、キャバクラというよりも高級クラブのような雰囲気さえも感じられましたね。2枚目の写メはVIPルームになります。壁には高価な絵画も飾られて、より一層高級感を醸し出していました。

あとこのお店はフリー指名制というのも働きやすさの一つで、来店するすべてのお客さんに名刺を配り営業もすることができます。六本木でお店探しをする女性の希望条件で、“フリー客が入っていること”という条件は良く聞きますが、このお店ならフリー客の心配をすることがないというのもメリットかもしれません。

学生でも働きやすい規則をさらに充実し、フリー指名制で自由に仕事ができるレイは、リニューアルのために現在積極的に女性を募集しています。リニューアルまであと2週間、今なら条件が良くなりそうですので、いち早く面接に行きたい方はキャバネットからお気軽にご応募下さい。

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp




アリスこんばんは。今日はあのオスカーグループのニュークラブ『アリス』のオープンの日。早速お店の近くに行ってみると、いつものスタンドの花が並べられていました。写メはそんなアリスの入り口を撮ったものになります。入り口付近から、すでに豪華な雰囲気が感じられますが、店内もオスカーグループらしい豪華な内装になっています。このビルの2階と3階のツーフロアーを使用している店内は営業面積110坪と、六本木の中でも大箱のお店です。

入り口付近で様子を伺っていると、女性が出勤しているのが見かけられましたが、ニュークラブならではのハイクラスな女性ばかりでした。面接でも高額時給が提示される子が多かったので、実力者達が集まってきているのでしょう。初日から同伴している女性もけっこういましたからね。

オスカーグループのニュークラブは、『ビゼ』・『ミュゼルバ』・『エマクラブ』に続き4店舗目のオープンです。オスカーグループは六本木の空き店舗をたくさん確保しているようですから、これからも積極的にお店をオープンしていくと聞いています。ウワサでは年内にもう一店舗とも言われていますので、今度こそオープンからと思っている方は次のお店を狙ってみるのもいいかもしれませんね。

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp

このページのトップヘ