キャバクラ紹介&派遣サイト『キャバネット』のアドバイザーBLOG

ナイトワークを希望する女性に、六本木・銀座・西麻布のお店を紹介&派遣しているアドバイザーの日々の活動レポートです。

2010年05月

パラディーソこんばんは。今日は18時から六本木の喫茶店で、新店『パラディーソ』の社長さんと打ち合わせ。このお店は7月15日に六本木交差点近くのビルにオープン予定の中箱のキャバクラで、系列店はない新規のお店になります。オープンまで1ヶ月半を切り、本格的に女の子を募集するということで、条件などを詳しく聞かせてもらうために打ち合わせをすることになっていたのです。喫茶店ではお互いにアイスコーヒーを飲みながら、六本木の雑談からはじまり、その後お店の図面やイラストを見せてもらいました。テーブルに広げられた図面を見ていると、お店の平面図の中に「リラクゼーションスペース」という文字が書いてありました。これはなんですか?と聞いてみると、なんとなんと、このお店は店舗内に『ヒールポイント』という会員制リフレクソロジーを併設するというのです。『パラディーソ』で働く女性が出勤前でも勤務終了後でも、いつでも気軽に疲れを癒せるように店舗内に作ることを決めたそうです。六本木にはレストランが併設されているキャバクラ・クラブはありましたが、店舗内にこんな癒しの空間が併設されているなんて、はじめて聞きました。このリフレクソロジーは一般営業を行うようですが、『パラディーソ』の在籍女性は社割で利用できるということです。最近のキャバ嬢はストレスが溜まっている子が多いみたいですから、これはうらやましいかぎりですよね。

こんな図面やイラストを見てしまったら、実際のお店が見たくなってしまったので、この後喫茶店を出て、工事中の店舗へ視察へ行ってきました。写メは、そんなキャバクラ『パラディーソ』の店内を入り口から撮ったものになります。まだ未完成の木の通路の右側と左側には客席が配置され、店内はこのメインルームとカラオケ付きのVIPルームが1部屋あり、1日の出勤が20名くらいの中箱のスペースでした。写メの奥の壁には薄茶色のレンガが張られていますが、店内はこのレンガが一帯に張られるそうです。そして入り口の左側には、リラクゼーションスペースがあったのですがこちらもまだ工事中なので、その全貌はまだ見えませんでしたね。社長さんは、6月中旬には完成させてくれ!と私の目の前で業者に発破をかけていましたので、おそらくその辺りには面接者にもお披露目できることでしょう。いったいどんな内装に仕上がるのか楽しみです。完成したらいち早くこのブログで写メを公開しますので、楽しみにしていてください。

こんなキャバクラ『パラディーソ』は7月15日のオープンに向けて、内装工事を急ピッチで行い、6月に入り女の子の募集も本格的にはじめました。店舗内に癒しの空間を設けるなど女性に配慮した姿勢が見られ、新たなコンセプトのキャバクラがまた一つ六本木にオープンします。すでに面接も受け付けていますので、気になる方はぜひ面接でもいかがでしょうか。ストレスや疲れが溜まっているキャバ嬢は、ココなら癒されるかもしれませんね。

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp

六本木ガールズバーこんばんは。今日は19時から初回面談。今日の子は西麻布のガールズバーで働いてきた子。話を聞いてみると、先日このブログに書いた「ガールズバーの新店」がとても気になっていて面接に行ってみたいとのこと。今までは西麻布まで六本木駅から15分以上もかけて歩いて通っていたようで、六本木駅徒歩1分というのはかなり魅力に感じたらしく逆指名で来てくれました。それであれば、早くお店を見せてあげたかったので、面談を早々に切り上げて早速面接に行ってきました。

お店に着くと、まだオープン前のお店はとても静かで面接をするにはちょうど良い雰囲気。最初にメインルームを少し見渡して、その後にカラオケルームに通されて面接がはじまりました。写メはそんなカラオケルームになります。なんとも贅沢なカラオケルームですよね。革張りのソファーは座り心地が良くクッションも用意されていて、長時間遊んでいても疲れを感じさせない配慮が見受けられます。写メの右上にはプロジェクターが備え付けられているのが見えるでしょうか?そこからきれいな光が壁を照らし、まるでホームシアターのようなきれいな映像が映し出されていました。そして、余裕があるゆったりとしたスペースは、開放感がありとても気持ちがよかったですね。これなら踊りながら歌っても平気ですからかなり盛り上がりそうです。このガールズバーは2つカラオケルームがあって、15人ほどは入りそうな大きめの部屋と5人程しか入れない小さめの部屋があります。今日面接をしたのは大きめのほうになります。

面接では、社長が直々に詳しく説明をしてくれました。詳しくといっても、このガールズバーはややこしいルールは何もないので、世間話や前のお店の話などが中心で、堅苦しいところは全くなく終始なごやかに行われました。今日の子も期待通りという感じで、面接の最後には「今度友達を連れてきます!」と社長に言っていましたね。友達に勧められるくらい気に入ったということでしょうか。

こんな新店のガールズバーは、6月1日が正式にオープン日と決まり、現在急ピッチで女の子を集めています。
先日の4月30日の記事で、この“六本木の隠れ家的ガールズバー”を書いたら翌日から逆指名をする応募者が多くいましたので、人気の高さが伺えます。六本木にはこんな待遇のお店はないので、ぜひ気になる方は面接でもいかがでしょうか。人気が高く、かなりハイペースで面接をこなしているので、登録者が増える前に早めに行ったほうがいいかもしれませんよ。

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp

アールズカフェ1アールズカフェ2

こんばんは。今日は体験入店予定の子と一緒に銀座のキャバクラ『アールズカフェ』に行ってきました。実は、この『アールズカフェ』は今週の水曜日にリニューアルオープンをしていて、数日間大量に女の子を必要としていたので、そのタイミングに合わせて入ることになっていたのです。お店に入ると、以前までの内装から一新され新店のようなきれいな店内になっていました。1枚目の写メはそんな『アールズカフェ』のメインルームになります。今年1月27日のこのブログの記事で、同じメインルームの写メが載っていますが、それと比べてもだいぶ変わりましたよね。この落ち着いた内装は、アールズカフェで働く女の子や客層を象徴しているようにも見えます。派手な内装のお店って、女の子も客層も派手な人が多いのをよく見ているので、内装って、そのお店に集まる人を象徴してるって、たくさんのお店を知る私は思ってしまうんですよね。
メインルームを見た後にVIPルーム、そして最後にロイヤルVIPルームを見てみました。2枚目の写メは、その最後に見たロイヤルVIPルームになります。

今回のリニューアルでは内装だけが変わったのではなく、なんと服装に関してもルールが変わっていました。ドレスはNGで普通のワンピースでOKということです。このお店は元々髪の毛も美容室でセットをする必要はなかったので、ますます気が楽になったという感じですね。ガールズバーのように気楽に働けるにもかかわらず、時給はキャバクラのようにもらえて、どっちのお店を希望する子にも対応できるといった感じでしょうか。

銀座『アールズカフェ』は、高級クラブが立ち並ぶ銀座8丁目という日本でも有数の夜の一等地にありながらも、これだけ働きやすい環境を整えて再スタートを切りました。プロのホステスばかりで敷居が高いと言われている銀座では貴重なこのお店は、現在リニューアルオープン直後ということもあって、新しいメンバーを大募集しています。気になる方はぜひご応募下さい。
最近は系列店の『アールズカフェ神田』もオープンして、グループとしても盛り上がっているみたいでしたよ。

NEW!!女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

このページのトップヘ