キャバクラ紹介&派遣サイト『キャバネット』のアドバイザーBLOG

ナイトワークを希望する女性に、六本木・銀座・西麻布のお店を紹介&派遣しているアドバイザーの日々の活動レポートです。

2009年10月

エスプリこんばんは。今日20時ごろ六本木交差点付近を歩いていると、昔のスカウト仲間と遭遇。彼は今スカウトを上がり、高級クラブの従業員として店内で働いています。私が20才前後の頃に一緒にスカウトをやっていた人は、30歳を過ぎるとみんなこうやって店内で働くようになります。銀座では50歳を超えてもスカウトを続けているツワモノが何名もいると聞きますが、六本木は場所柄若い人しかみかけませんね。

そんな彼と話をしていると、なんとクラブ『エスプリ』が今月いっぱいで閉店するということを教えてくれました。クラブ『エスプリ』は、『エリゼ』・『アンシャンテ』・『イマージュ・ド・パルファン』を含めた4店舗からなるグループの系列店でしたが、明日をもって閉店し、来月からは残った3店舗に吸収されるということです。

写メはそんなクラブ『エスプリ』のエントランスになります。明日が閉店というのに、次から次へと女の子が出勤していく姿が見かけられました。普通、閉店が決まるとボロボロと退店者が出てきて、閉める直前はぜんぜん女の子がいないなんてこともあるんですが、系列店がしっかりしていて受け皿がある安心感からなんでしょうか、閑散とした雰囲気は感じられませんでしたね。

『エスプリ』は今月いっぱいですが、今年の年末で閉店するなんていうお店の噂もチラホラ聞こえてきます。これからお店探しをする人は、そんな情報も加味してお店探しをする必要がありそうですね。

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』
http://www.kyabanet.jp

アローズこんばんは。今日はキャバクラ『アローズ』に久しぶりにご挨拶に行ってきました。『アローズ』は4年前にオープンした当初はよく紹介をしていたんですが、1日の出勤が13名程度の小箱のキャバクラとあって、実は最近顔を出していなかったんですよね。ところが、当社に『アローズ』のお問い合わせが多くなってきたので、最新情報を得るためにお伺いさせていただきました。

『アローズ』は六本木では数少ない全額日払いが可能なキャバクラで、1日の出勤人数は平日で12名程度、週末で15名程度の小箱のお店になります。全額日払いが可能な上にフリーシフト制なのでシフトに縛られることなく気楽に出勤でき、さらに給与システムはポイント制や売り上げ制でなく、安定した固定給制なのでノルマやプレッシャーはあまり感じずに働くこともできます。そして、ドリンクバックも数百円からあり、残業代支給(本指名の場合のみ)・ボトルバック・同伴料5000円・ヘアメイク強制なし・最大7時間勤務可とおいしい待遇が整っているのも魅力です。

写メはそんな『アローズ』の店内になります。店内の中央には、ガラスのような柱があり、それを囲むようにテーブルが並べられています。そういえばこの柱、キャバクラ『レイ』の写メにもありましたよね?
フロアはこれだけなので、ざっくりと40へーべくらいでしょうか。私の住むワンルームマンションが30へーべ弱なので、それよりもやや広いといったところです。これだけ小箱のお店なら派閥もなさそうなので、みんな仲が良さそうですよね。

『アローズ』は、六本木でも数少ない全額日払いができるお店として人気があります。これから年末に向けて女性は出費が多くなりそうなので、すぐにお金が欲しいと思ったらまずは『アローズ』に面接に行ってみてはいかがでしょうか。
ご紹介はいつでも可能なのでお気軽にキャバネットからご応募下さい。

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』
http://www.kyabanet.jp

六本木田舎家? 六本木田舎家?

こんばんは。今日は早めに仕事を切り上げて、派遣でいつもお世話になっている、とあるクラブのオーナーさんと食事に行ってきました。今日行ってきたのは、高級炉端焼店『田舎家』。このお店は、外国人に人気があるお店で、各国の政府要人やハリウッドスターがお忍びで使っていて、過去にはアメリカ大統領も来店したということです。さらにキアヌ・リーブス、オーランド・ブルーム、トム・クルーズ、ジャン・レノ、エリック・クラプトンなどファンも多く、なんと今年ニューヨーク店まで出店したそうなんです。すごい店ですよね〜。
実は以前からこんな話をチラホラ聞いていたので、いつか絶対行くぞ!と思い続けていて今日やっとお店に入ることができました。

お店に入ると、満席の店内はウワサどおりお客さんはすべてが外国人。白人から東南アジア系の人たちでごった返し、その外国人の間に私達は通されて、まずはビールをオーダーし乾杯しました。1枚目の写メは私達が座ったカウンターから正面を撮ったものになります。手前には新鮮な魚やら肉やら野菜やらの食材が並べられていて、それを見ながらオーダーすると奥で正座している焼方がすぐに焼いてくれます。そして、焼きあがると、2枚目の写メのように巨大しゃもじに乗せて、目の前に差し出してくれます。こんな光景は外国人には斬新なんでしょう、デジタルカメラで店内をやたら撮影している人がいました。さらに日本人客が私達だけで珍しかったのでしょうか、枡酒を飲んでいるオーナーさんを撮影していたのには笑えましたね。

現在派遣中のスタッフのことやお店の最近の状況などをオーナーさんと話しながら、値段がどこにも書いていない牛串・タラバ蟹 ・きんき塩焼きなどをオーダーしていきました。どれも専門の目利きによって各地から仕入れられた高級品を使用しているので味は最高です。来店客のほとんどがオーダーする牛串はミディアムレアで焼いてもらうと特においしいですよ。
最後に、オーナーさんが会計をしている時レシートが見えたんですが、値段はなんと2人で3万2000円でした。いやー高いですね〜。自腹で行ってたらとんでもないことになってました。田舎家はぜひおススメしたいお店なんですが、これはさすがに自腹では来れないので、同伴で使ってみるのがいいかもしれませんね。こんなお店をおねだりすれば、お客さんから六本木通と思われるかもしれませんよ。

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』
http://www.kyabanet.jp

ミュゼルバこんばんは。今日も19時から初回面談。今日の子は郊外のキャバクラでナンバー1でずっとがんばっていた子。話を聞いてみると、郊外のお店は客層が安っぽい人が多く接客していてもやりがいが感じられないとのこと。同じ接客をするなら普段出会えないような富裕層の人のほうがいいみたいで、今日はわざわざ六本木まで来てくれました。

今日の子は高い時給を希望していることですし、お金持ちの人が多く来客するお店で働きたいということなので、面談後に早速ニュークラブ『ミュゼルバ』に面接に行ってきました。
お店に着くと、相変わらず超豪華な店内に見とれながら階段を上り、今日はロイヤルVIPルームに通されて面接がはじまりました。写メはそんなロイヤルVIPルームになります。

面接では従業員の方が丁寧にお店のことを説明してくれて、最後に、現在放送中のテレビドラマ嬢王(PCのみリンク)でこのお店が舞台になっているということを教えてもらいました。なんでも、金曜日の深夜0時12分からテレビ東京で放送中のようで、昼間このお店で撮影が行われているようです。

そして帰宅後、早速テレビ東京で嬢王を見てみると、たしかに六本木『ミュゼルバ』を舞台にして嬢王が放送されていました。見たことがあるメインルームにVIPルーム、たしかにこれはミュゼルバですね。しかもこれ実名で店舗名まで使われているではないですか。数年前に放送されていた、初代嬢王では六本木の有名クラブ『ピアノ』が実名で使われていましたが、今回はミュゼルバが選ばれたようですね。

ドラマ嬢王は関東圏ではテレビ東京で放送されていますが、テレビ大阪・テレビ北海道・テレビ愛知などでも放送中で全国各地でも見ることができるようです。写メだけでは伝わらない『ミュゼルバ』の豪華な内装をじっくり見てみたい人はドラマ嬢王を見てみてはいかがでしょうか。

ちなみに、今回の写メはこのスポーツ新聞の記事(PCのみリンク)の原幹恵さんが座っているところですよね?

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』
http://www.kyabanet.jp

クラブ『アイギー』こんばんは。今日は18時から初回面談。今日の子は銀座のクラブで1年間働いてきた子。話を詳しく聞いてみると、銀座のそのお店はノルマが最近特に厳しくなったようで、辞めてしまったということです。今回は、そんな苦い経験をした後なのでやっぱり六本木で働きたいということで面談に来ていただきました。

今日の女性は、クラブでの接客になれていることと、ルックス的にもクラブ向きな感じなので、面談後まずはクラブ『アイギー』に面接に行ってきました。
アイギーは今年で24年目を迎える老舗クラブになります。そんなアイギーなんですが、今回なんと10月8日に場所を六本木3丁目に移転してリニューアルをすることになっているんです。新店舗のほうは内装がほぼ出来上がっているということなので、今日はじめて新しい店舗のほうで面接を行うことになりました。写メは、新店舗のVIPルームになります。テーブルの上にはこれから壁に飾る額縁のような物が置いてあり、テーブルの下には開梱したダンボールもあって、まだ引越しの途中という感じではありましたが、そんな忙しい中でもきちんと面接をしていただきました。

面接が終わり、最後に面接官が新品の店内をグルりと案内してくれました。私も初めてなので、隅々まで見渡してみたんですが、メインルームも写メと同じように壁が黒で統一されており、店舗全体が黒一色のダークな空間という印象が強かったですね。9月いっぱいまで営業していた前の店舗は内装が赤やら金やらが目立ちちょっとレトロな雰囲気がしたので、ガラリと変わった新しい内装にはとても驚かされました。

クラブ『アイギー』は8日のリニューアルオープンに向け、在籍女性を入れ替えるために、今積極的に女の子を募集しています。今日の子も、こんなタイミングならいい条件が出るのではと思いまず最初に面接に来てみました。
すでに内装も終わっているので、すべてが新品の店内を見学することもできます。今年で24年目を迎える老舗クラブ『アイギー』の新店舗が気になる方はオープン前の今、面接に行っていてはいかがでしょうか。

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』
http://www.kyabanet.jp



このページのトップヘ