キャバクラ紹介&派遣サイト『キャバネット』のアドバイザーBLOG

ナイトワークを希望する女性に、六本木・銀座・西麻布のお店を紹介&派遣しているアドバイザーの日々の活動レポートです。

2007年12月

こんばんは。今日で12月も最終日。今月は、前半勢いよく応募がありましたが、20日以降は年末で忙しいからかややペースは落ちた感じでしたね。やはり年末はみんな忘年会やらデートやらで忙しいのでバイトは控えるのかもしれません。今月目立った子としては、冬のボーナスをもらったから会社を辞めるというOLの方が多かったですね。ボーナス時期は会社を辞めるいいタイミングでもあるようですよ。さらに、今月の初めから当社は『派遣』の紹介を始めたんですが、やはり『派遣』は人気が高く、通常の在籍紹介よりも派遣希望の子が多かったですね。昼の世界でも女性は『派遣』で働く割合が多いですが、この人気の高さを見ると、夜の世界もこれからは『派遣』が主流になってくるかもしれません。今まで派遣に興味がなかったお店の人からも、「今後は少子化になり今まで以上に採用が厳しくなることが予想されるので、派遣スタッフの活用も考えていかなければならない。」なんて声も聞かれました。
来年の『キャバネット六本木』は今までの在籍紹介に派遣をプラスさせて、みなさんにもっと働きやすくて稼げるお店を紹介できるようにしていきたいと思っています。私を含めたアドバイザー5名も、少しでもみなさんのお役に立てるようにがんばりますので、来年もよろしくお願いいたします。
今年ご応募いただいた女性の方、このブログを読んでいただいている方ほんとうにありがとうございました。良いお年をお迎え下さい!

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp

ef563479.jpgこんばんは。今日は今年最後の金曜日。この日は私達の仕事納めの日でもあったので、会社の後輩を連れて、あの銀座の超高級すし店『久兵衛』に食事に行ってきました。この『久兵衛』は、魯山人がこよなく愛した名店であり、うに・いくらの軍艦巻き発祥の地という有名お店です。六本木や銀座のキャバクラ関係者なら皆知っていると思いますが、私は今日が始めてで行く前からかなりの緊張気味。あれだけ有名なすし屋だと、きっと自分なんか場違いかな?なんて不安に思って、恐る恐るお店に入ったのですが、お店の従業員の方は気持ちよくカウンターに案内してくれて、席のすぐ前にいた板前さんも気軽に話しかけてくれたので、私がイメージしていた敷居が高い感じはなく、私のような庶民でも安心して入ることができました。席について回りを見渡すと、すしネタが書かれた札はあるのですが値段が書いておらず、これが高級すし屋か、値段が書いてある回転すしとは違い、うかつに頼むととんでもない値段になりそうだと思ったので、10,000円のおまかせコースを注文しました。写メのように、おまかせコースは目の前にある皿の上にその日のおススメなネタが一品づつおかれていきます。大とろ・うに・いか・いくら・かつおなどが次々にぎられたのですが、どれも回転すしでは味わえないようなおいしさ。さすがはミシュラン東京で一つ星がついていただけはあります。ビールやつまみなども頼んだら2人で5万円ちかくかかりましたが、1年の締めくくりなので、お疲れ様の意味もこめて奮発してしまいました。
同じカウンターには銀座のホステスさんらしき女性が同伴で食事をしているのも見かけられました。さすがは銀座のプロのホステスさん、同伴するお店も半端ではありません。みなさんもお金持ちのお客さんができたら『久兵衛』をねだってみるのもいいかもしれませんよ。

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp

0b1db633.jpgこんばんは。今日はいつもどおりに仕事を終えて、1時30分から私達が紹介した子が多く在籍している、六本木のとあるクラブの忘年会に参加してきました。この時間はいつも帰宅している時間なんですが、23時ごろから後輩と居酒屋で先に飲み始めて時間を潰し、そのクラブの営業終了後にお店に行き1時30分からスタートしました。お店には、私達が紹介した子が何名もいたので、その子たちと普段話せないことなど話しながら盛り上がって飲んでいると、どこのお店でも恒例の“ビンゴ大会”が始まりました。なんでも一番の目玉商品は10万円近くするブランド物のバッグだとか。写メは、お店の従業員の方がフロアーの真ん中で司会進行をしているものなんですが、この司会者の方はいつになくテンションが高くて次々と数字が読み上げられていきました。15分ほどで女の子3名がビンゴになり、くじを引くと“香水”やら“ぬいぐるみ”やら“大人のおもちゃ”(これも恒例ですよね…。)やらが持っていかれてくと、私もリーチになって次の回で4番目のビンゴになったので、すかさず手を上げて司会者のところに。穴が開いたカードを確認してもらい、くじを引くとなんとなんと、この日一番の目玉商品のブランド物のバッグが当たってしまいました。私は一瞬「やった!」と声を荒げてガッツポーズで喜ぶと、さすがは強欲ぞろいのお姉さん方が多いクラブ、私が紹介した子も含め女の子全員が一斉にブーイングの嵐。この空気はまずいと思い、急遽じゃんけん大会を開催して勝った人に私のブランド物のバッグをあげることにしました。(正確には泣く泣く差し出したのですが…)まぁ、そんなこともありましたが同情してくれたお店の従業員の方が自分が当たった“電気たこ焼き器”を私にくれたのでよかったです。
私は今まで、毎年いろんなお店の忘年会に参加してきましたが、“ビンゴ大会”は必ずどこのお店でもやりますよね。これは夜の世界の慣例なんでしょうか。たしか去年参加したキャバクラでは電動歯ブラシが当たったような。みなさんは今年の忘年会どんな賞品があたるんでしょうか。他店ではハワイ旅行や大型液晶テレビなどがあると聞いています。在籍していない子は今日から入店すれば、明日や明後日の忘年会には間に合うと思いますよ!急ぎで面接希望の方お待ちしてます。
※あと、先日お伝えした派遣のページができましたので、↓にあるキャバネット六本木のサイトで確認してみてください。派遣希望の方お待ちしています。

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp

b5e7efab.JPGこんばんは。今日はいつものように19時から1件目の初回面談。今日の子は、以前は六本木のとあるクラブで働いていた経験者。前のお店は客層が良くなかったらしく、今度のお店は客層がいいところを希望とのことなので、瀬里奈グループのクラブ『セリーネ』へ面接に行ってきました。写メは照明を落とした営業中の時のものなので、暗くてややわかりずらいかもしれませんが、店内は豪華客船をイメージした内装で、別室に都会の喧騒を忘れさせてくれる庭園の眺められるバーラウンジもあります。ゴージャスなニュークラブと比べこちらは品のある落ち着いた内装といった感じでしょうか。お店にはママが3人いて、1日の出勤人数は35名ほど、客層は瀬里奈グループということもあってかなりいいので、今日の子にも自信を持っておススメできました。さらにこのセリーネは、系列のレストランで同伴をすると、同伴料と指名に5000円のボーナスがプラスされて、1回の同伴で1万円ちかく稼げるというメリットもあります。他のお店では同伴しても数千円というお店が多いなか、これはかなりおいしい待遇です。
今日のお店の人の話では、グループ店の『キンコンカ』のリニューアルも落ち着いたので、2月頃までは『セリーネ』の採用を積極的にしていくということです。六本木でも1・2を争う老舗のクラブ『セリーネ』、このタイミングで面接でもいかがでしょうか?

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp

67a0da1e.jpgこんばんは。今日は昼過ぎから六本木の各店舗からじゃんじゃん電話がなり、何かと思えば、体験入店の子がいたら優先的に紹介してほしいというのです。そう今日は1年でもっとも六本木が忙しくなる年末の金曜日。毎年この時期は、多くのお客さんでにぎわう為各店舗とも人数調整でこんな電話が多くなります。なかには「体験入店時給6000円出すから誰か連れてきてくれ」とあせって無謀な超高待遇オファーを出すお店も。年末はまさに※体入アラシ(※夜の専門用語で、いろんな店で体験入店をしまくって日払いで稼ぐお店にとって迷惑な人)には最高の時期です。来週は毎日こんな電話が鳴ると思いますので、即日体験入店希望の方は、ぜひ六本木にいらしてください。高時給を提示しているお店から順に紹介していきますよ。
写メは0時頃の六本木交差点なんですが、終電も近いというのにまだたくさんの人であふれていました。この人たちはみんなこれから飲みに行き夜中に帰るパターンなんですが、おかげで深夜にタクシーが捕まらなくなります。特に2時頃はピークになるので、その時間は避けて帰ったほうがいいかもしれませんよ。私は4年前の年末の金曜日、雪が降っていて2時から3時まで1時間もタクシーが捕まらなくて大変なメにあったことがあります。六本木では捕まらなかったので結局、雪のなか西麻布まで歩いてやっと捕まえることができたんですよね。

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp

49b0c7d8.jpgこんばんは。今日は瀬里奈グループの花かんに面接に行く途中、キャバクラ『レイ』の前を通ったら写メのように、スタンドの花がたくさん飾られていました。近寄って見てみると、このお店のママのバースデイらしくこんなにも華やかに飾り付けがされていました。以前にもお伝えしたんですが、『レイ』はキャバクラにも関わらず“常務”と呼ばれるママがいるんですよね。このママはとても優しい人で、私達が過去に紹介した子からの評判も良く、ある意味女の子のまとめ役のような存在です。そんなママがバースデイともなれば、これだけ華やかになるのも納得といったところでしょうか。私も誕生日にこれだけの花を贈ってくれる人脈がほしいものです。
そういえば、『レイ』が今月から土曜日の早朝5時〜10時限定で「サバキャバ」なるものを始めたのをご存知ですか?なんでも女性だけでなく男性スタッフも接客するようで、キャバクラでもないサパークラブでもないホストクラブでもない、すべてが混ざった新しいジャンルの「サバキャバ」だそうです。六本木では『チャチャ』と『デイトナ』が昼キャバをスタートしていますが、『レイ』も土曜日だけですがその波に乗り始めたようですね。今月はすでに3日間営業しましたがかなり大盛況みたいでした。
金曜のアフター後は男性も女性も楽しめる、『レイ』のサバキャバに行ってみるのもいいかもしれませんよ!

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp

こんばんは。今日は北海道からわざわざ来ていただいた方と初回面談。話を聞いてみると、すすきののとあるキャバクラでNO,1だったらしく、すすきのでは満足できず六本木で自分の力を試してみたいという、かなり気合の入った方。一番の希望条件がお客さんが入っているお店ということだったので、フリーのお客さんも多く六本木一の有名店である『ビゼ』に面接に行ってきました。お店に着くと、お客さんもよく入っていて、面接場所が確保できないので近くの喫茶店へ。そこでお店のシステムなどの説明が始まったのですが、いつも見せられる時給のポイント表が新しくなっているので面接官に聞いてみると、12月から給与システムが変更になったということです。保障期間基本2ヶ月後に指名・同伴のポイント制に移行するのは変わりはないんですが、以前までは0ポイントの最低時給4000円だったのが5000円に、さらに同じポイントでも以前より時給が高く設定されているのでもっと稼ぎやすくなっていました。
『ビゼ』はお金持ちのフリーのお客さんも多く、お客さんを掴みやすいのでどなたにも稼ぐチャンスがあります。他店ではフリー客がぜんぜん入っていなくて、保障期間が切れるといっきに時給がダウンしてしまうお店もたくさんあります。新たな給与システムでさらに稼ぎやすくなった『ビゼ』面接でもいかがでしょうか?他店でフリー客が入らないで悩んでいる方には最高の環境だと思いますよ!もちろん今日の子も東京で自分の実力を試すには『ビゼ』しかないと思ったようで即決になりました。

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp

1b00d2de.jpgこんばんは。今日は18時からクラブ希望の子と初回面談。話を聞いてみると客層が良くて芸能人が多いお店が希望とのこと。しかも六本木の交差点付近のクラブは3店舗経験していて、前のお店の人に会うと気まずいらしく交差点から離れている場所で探しているというので、六本木ヒルズの近くにあるクラブ『紫苑(シオン)』に面接に行ってきました。このお店は、元『クラブ茜』のママが9年前に独立してできたオーナーママのお店で他に雇われママが2名います。1日の出勤人数は20名から25名くらいの中箱店でとても落ち着いた雰囲気のお店なので、私達が過去に紹介した子の評判も良く定着率がかなりいいお店です。また、芸能人やスポーツ選手がよく来店するのも特徴なんですよね。この前テレビで和田アキコが、六本木の行きつけのクラブは『紫苑』と豪語しているのを見たんですが、事実和田アキコはこのお店の常連で、私が過去に紹介した子は、和田によく胸を生で触られたと言っていましたしね。あの人はやっぱり男なのかもしれません…。
このお店も、基本的には外部のスカウトマンや紹介会社は受け付けないんですが、ここも私達は昔からの長い付き合いもあって、紹介会社としては唯一お店まで一緒に同行して直接紹介ができます。
芸能人や巨人軍の選手もよく来店するクラブ『紫苑』。ミーハーな方は面接でもいかがでしょうか?六本木ヒルズの近くにあるので、前のお店の人には会わずにお忍びで六本木で働きたいという人にもおすすめですよ!

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp

3bdebb2c.jpgこんばんは。今日は、みんなが飲み会だ忘年会だと楽しそうに六本木交差点を歩いているのを横目に見ながら3店舗に面接に行ってきました。写メは今日の六本木交差点なんですが、12月の土曜日はいつもより人通りが多いんですよね。昨日の金曜日は、サラリーマンの冬のボーナス後最初の週末ということでもっと人で溢れていました。おかげで各店舗とも混み合っていたようですよ。これから年末に向けてもっとお客さんが入ってきますので、こんな時はみなさんも稼ぎ時です。12月だけで普段の2か月分の給料が稼げた子も去年いましたので、まだお店が決まってない人は急がれたほうがいいのではないでしょうか。みなさんの冬のボーナスはこれからですよ!
そんななか今日歩いていると、土曜は休みのはずの高級クラブ『コナウィンズ』に明かりがついていたので、思わず近寄ってのぞいてみると、なんと営業しているではないですか。知り合いの子がちょうどいたので聞いてみたんですが、今日から12月限定土曜臨時営業を開始したというのです。12月の六本木はとても賑わうので高級クラブでも試験的に始めたようで、ママも出勤しているみたいです。銀座・六本木のクラブはまず土曜日は営業していません。『コナウィンズ』の新たな試みどうなるのでしょうか?

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp

こんばんは。今日は以前から要望が多かった『派遣』をキャバネット六本木でも始めることが正式決定したのでお知らせします。年内中にUPできるように現在サイトを制作中ですが、すでに派遣登録は受け付けているので、このブログで取り急ぎシステムだけでもお伝えいたします。まず当社が始める『派遣』は、昼のOLさんの派遣に近い形でお店専属派遣になります。お店専属派遣とは、1店舗のみに勤務することで毎回違うお店に行くことはありません。ですが、最初のお店が合わなければ別のお店に派遣するので、自分が気に入ったお店で働くことができます。さらに派遣スタッフならではのメリットもあって
☆同伴・指名などの数字的ノルマは完全にありません。ですがきちんとした接客は求められます。
☆給与は翌日銀行振り込み。(当日お店からの現金支給も応相談)
☆お店の在籍にはならないのでスムーズに辞めることができます。
☆専属派遣になるので時給は3000円〜最高で12000円までのコースをご用意しています。
☆派遣でも指名が入れば別途指名料はもらえます。
収入例
時給7000円×4時間勤務+指名料4000円(場内指名2本)=32000円
TAX・福利厚生費は引かれません。送り、レンタルドレスを使わなければ全額を翌日銀行口座に振り込みます。

六本木の街では『派遣』はあまりなじみがないかもしれませんが、私達との長いお付き合いもあり特別に派遣契約をしてくれたお店が多くあって実現しました。なかには私達でしか派遣できないお店もありますので、ご期待下さいね。あのドラマで使われていたお店、あのゴージャスなお店なんかもあるかもしれません。
ただ、先にお伝えしますが、高待遇なだけあってすべての方を派遣できるわけではありません。派遣を希望の方は、専用サイトができるまではキャバネット六本木の応募フォームの希望条件の箇所に『派遣希望』と書いて送信してください。六本木で面談後に該当者の方にはすぐに『派遣』させていただきますよ!

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp

こんばんは。今日は以前面談を済ませていた子の体験入店の日だったので、その子と待ち合わせをしてお店に向かっている途中こんな話を聞きました。なんでも、その子の友達がキャバクラ『ドバイ』で働いていたらしいのですが、先月中旬その『ドバイ』の責任者が女の子と従業員の給与を全員未払いで飛んでしまったというのです。その友達は家賃も払えず困っているとか…。
私達は、6月29日にこのブログで『ドバイ』のことを書いたので、その記事の内容を読むとわかると思いますが、当時から怪しいなと思い紹介はしていなかったんですよね。私はこの10数年六本木でオープンする新店を見続けていますので、オーナーと従業員の顔ぶれを見れば、その新店はうまくいくかどうかってなんとなくわかります。過去に、従業員の給与から家賃まですべてを未払いで飛んでしまった社長を何人もこの目で見ていますので、重なって見えるのでしょうか。なかには数年間地方で雲隠れしてから、懲りずに六本木に姿を現す強者もいましたが…。
六本木にはこんなひどいお店があることも事実です。給与未払いで生活できなくなっている子がいるのも事実です。お店選びは経験豊富な私達におまかせ下さい。こんなメに合うことはありませんよ。

NEW!!女性のためのキャバクラ無料紹介サイト
『キャバネット六本木』http://www.kyabanet.jp

このページのトップヘ