キャバクラ紹介&派遣サイト『キャバネット』のアドバイザーBLOG

ナイトワークを希望する女性に、六本木・銀座・西麻布のお店を紹介&派遣しているアドバイザーの日々の活動レポートです。

こんばんは。今日は11月24日にリニューアルオープンした六本木のニュークラブ『ビゼ』の店内を見せていただく約束をしていたので、19時にお店に行ってきました。

ビゼ
地下1階にエレベーターでおりて扉が開くと、目の前には3枚の絵画が見えました。以前までなかったこの絵画かなり高価なものだとか。この絵画の前を通りまずはメインルームを見せていただきました。

ビゼ
こちらはビゼのメインルームを撮ったもの。メインルームは大きくは変わらないのですが、床がジュータンに変わり、イスも生地が本革から暖かみのある布仕様になっていました。

ビゼ
次に見せていただいたのがVIPルーム。3つの個室としてリノべーションされたVIPルームは、今回のリニューアルの1番の特徴です。この個室は1番広くお客さんだけで10人は座れます。

ビゼ
こちらは和室風のVIPルーム。靴を脱いで自宅に帰って来たようにくつろぐことができます。

ビゼ
こちらは3つ目のVIPルーム。テーブル上には割りばしがありますが、ビゼにはシェフが1名常駐しておりフードが良く出るため、あらかじめおいてあるそうです。こんな豪華なVIPルームでカラオケができて食事までできるなんて、女性は働いていることを忘れてしまいそうです。
なんでも、個室を造ったことで早速有名人の来店頻度があがったとか。忘年会シーズンということもありますが、有名人がお忍びで訪れています。

ビゼはナイトワーク業界最大手企業であるINSOU東日本株式会社の旗艦店ともいえるお店。オープンから13年を迎えますます活気づいています。不安定なお店で苦労した方は安定感抜群のビゼで働いてみてはいかがでしょうか。

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日は銀座で経験がある方。話を詳しく聞いてみると、ある程度お客さんがいるので、給与は日給ではなく売上で働きたいとのこと。できるだけ還元率が高いお店がいいというので、銀座で比較的還元率が高いお店を何店舗かご提案すると、銀座のクラブ『ミューズアミューズ』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

ミューズアミューズ
ミューズアミューズは銀座8丁目にあります。私たちは階段をのぼり2階へ行くと、男性スタッフが出迎えてくれてメインルームに案内していただきました。

ミューズアミューズ
女性がここで面接用紙を書いていると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。

ミューズアミューズはオープンから37年を迎えるオーナーママのお店。オーナーママのほかに雇われママが3名おり合計で1日の出勤は25人くらいになります。37年前、銀座のクラブ『麻衣子』を辞めて独立したオーナーママが現在も現役で活躍している老舗中の老舗。ミューズアミューズよりも歴史の長い銀座のお店は数えるくらいしかありません。

ミューズアミューズの客層は歴史ある大手企業の方が中心。大手企業は安定していますから、そんなお客さんとともにミューズアミューズも37年間営業を続けてきたのです。中小企業や新興企業は不安定なところもありますから、そういった企業のお客さんが中心のお店は波があり長く営業できないお店もあります。

ミューズアミューズ
この写真はミューズアミューズのVIPルームを撮ったものになります。店内には個室のカラオケ付きVIPルームがなんと2つもあるんです。銀座で個室のカラオケ付きVIPルームがあるお店は少ないですから、お客さんを呼びやすいかもしれませんね。

ミューズアミューズは年に数回イベントを行います。先日行ったイベント時にはシャンソン歌手とバンドを呼び営業中にライブをしていました。毎回異なる演出でイベントを盛り上げているミューズアミューズだからお客さんも長く通い続けてくれるのでしょうか。

ミューズアミューズ
こちらはもう一つのVIPルームを撮ったものになります。こちらは白を基調とした個室で、大型モニターがありカラオケができるようになっていました。カラオケがあれば接客も少なくて済むから、たまにここで息抜きもできるかもしれませんね。

ミューズアミューズは基本的には日給制ですが、今日の女性のように売上でやりたい女性にも対応してくれます。こんなVIPルームがあれば客単価もあがりますから、かなり稼ぎやすくなりますよね。

ミューズアミューズ
ミューズアミューズの店内はメインルーム、VIPルームが2つ、バーカウンターという造りになっていました。このバーカウンターにはスタッフが2名常駐しています。現在カウンターレディは充足していますが、欠員が出ると当社などを通して募集をかけています。

ミューズアミューズは銀座の高級クラブとして37年も営業しています。盤石な基盤があるから最近オープンしたようなお店とは安定感が格段に違います。腰を据えて長く銀座で働きたい方はまずはミューズアミューズに面接に行ってみてはいかがでしょうか。

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日は体験入店を数回くらいしかしたことがないほぼ未経験者。話を詳しく聞いてみると、自分一人で探していると、どこが合うのかわからなくなってきたので相談したいとのこと。未経験ではありますがルックスのレベルが高かったので、何店舗かニュークラブをご提案すると、六本木のニュークラブ『ディアレスト』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

ディアレスト
ディアレストは、ニュークラブの『ララァ』や『オレンジテラス』が入る新築ビルの2階にあります。私たちは六本木交差点から歩いて向かい、お店の看板を見つけ2階専用階段からあがりお店に入りました。入口では元気な男性スタッフが出迎えてくれてメインルームに案内していただきました。

ディアレスト
女性がここで面接用紙を書いていると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。

ディアレストは10月24日にオープンしたばかりの新店。オープンから13年を迎えた歌舞伎町のディアレストが満を持して六本木に初上陸する姉妹店になります。営業時間は月曜日から土曜日の19時から1時まで。19時から20時までは同伴のお客さんのみ来店できるので、通常のオープン時間は20時からになります。

面接をしていただいたメインルームは5ブロックに分かれており、かなり広めの店内は100坪はあります。スケルトンから手掛けた内装費は数億ともいわれ、六本木でも最上級クラスのグレードを誇ります。

ディアレスト
ディアレストの給与システムは売上制。六本木のお店は指名同伴のポイント制のお店がほとんどなので、売上に自信がある女性はディアレストならかなり稼げるでしょう。時給の他に本指名料が売上の一律10%、同伴料は月の本数によりスライドで売上の15から25%、場内指名料は1本500円が支給されます。

入店時の保証時給もかなり高額で、1万円前後の女性がたくさん在籍しています。今日のほぼ未経験の女性でも高額時給を提示してくれたので、平均時給の高さは現在の六本木では1・2を争うほどと言っても過言ではありません。ディアレストはニュークラブですから、ママはいなくて個人プレーで接客することになります。だから個人の実力ですぐに時給を上げることができるのが最大のやりがいでもありますよね。

ディアレスト
こちらの写真はVIPルームを撮ったものになります。カーテンで仕切られた個室風のVIPルームはなんと7つもありました。

ディアレストにはヘアメイクさんが4名も常駐しており1回1000円で髪の毛のセットが可能。レンタル衣装もありますから、このゴージャスな店内に相応しいルックスへすぐになることができます。

ディアレスト
この写真はスイートルームを撮ったものになります。カラオケ付きのスイートルームは完全個室なので有名人の利用もありそう。
ディアレストの店内は、メインルーム5ブロック、個室風VIPルーム7つ、スイートルーム2つという造りになっていました。

歌舞伎町の有名店が店舗名そのままに六本木に姉妹店を出店することは初めての試み。その話題性や大規模グループのお店ということから、現在六本木では最高水準の時給を提示しています。その時給の効果か店内ではレベルの高い女性を多く見かけました。
年末の稼ぎ時に向けて新しいお店を探したい、何よりも時給が高いお店で働きたい、そんな女性はまずはディアレストに面接に行ってみてはいかがでしょうか。今ならその想いを叶えてくれますよ。

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。

こんばんは。今日は郊外でナイトワーク経験のある方。話を詳しく来てみると、今回は六本木で働いてみたいとのこと。ただ、六本木まで働きにくるからには時給は5000円以上を希望していました。そんな今日の女性に合いそうなお店を何店舗かご提案すると、六本木のクラブ『パークスター』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

パークスター
パークスターは六本木交差点から徒歩2分くらいのところにあります。私たちは歩いてお店に向かい、エレベーターで3階に上がるとお店の看板が見えました。ここからお店に入ると、男性スタッフが出迎えてくれてメインルームに案内していただきました。

パークスター
女性がここで面接用紙を書いていると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。

パークスターは10月3日にオープンしたばかりの新店。六本木の老舗クラブのママが独立したオーナーママのお店になります。銀座ではオーナーママのお店はたくさんありますが、六本木の高級クラブではこのパークスターだけ。そんなパークスターはオーナーママの他にチーママが2名で、1日のヘルプの出勤は13名程度の中箱のお店になります。

パークスター
店舗経営において最終決定権はオーナーにあります。ナイトワークのお店のなかには、そのオーナーが事務所で写真や履歴書だけを見て採用を決めるお店もあります。これでは写真写りの悪い人は損をしますよね。
体験入店で仕事を頑張ったのに、それが事務所にいるオーナーには伝わらず、紹介した私たちが「なんでこの女性が不採用なの?」と聞くと、「オーナーから不採用と連絡があったから。現場ではいいとは思ったんだけど・・・」なんてやり取りもあります。

在籍している女性の働きぶりを見ずに成績表だけを見て、リストラや給与減額の指示を出すオーナーもいたりします。

ところがオーナーママは、営業中の頑張りを見てくれているので、接客が上手、お酒を飲む、アフターによく行くなど数字には表れないすべての働きぶりを評価してくれます。また、何か不満や要望があったときに、オーナーママは現場を見ているので話が早く、すぐに改善してくれるというメリットがあります。

パークスター
パークスターは日給制で、ほかに本指名3000円、場内指名は本数により1000円から4000円、同伴料3000円の手当てがあります。月に1回の全体ミーティングでは新人賞、努力賞、売上賞など各種賞金も用意されており、日給以外でも稼げるのは銀座のクラブにはないメリットになります。

現在在籍している女性はすべてオープニングメンバー。古株もいないすべてが20代になります。お客さんも指名が決まっていないですから、今ならお客さんを掴みやすいのではないでしょうか。

パークスターの店内は、白を基調としたメインルームとこのバーカウンターだけのシンプルな造りになっていました。10月3日にオープンしたばかりのパークスターは年末に向けてまだまだオープニングメンバーを大募集しています。六本木では久しぶりの高級クラブのオープン、またオーナーママのお店ということで希少価値の高いお店です。仕事は頑張っているんだけどなんか評価されてないと思っている女性は、オーナーママのお店パークスターで働いてみてはいかがでしょうか。きっとママがあなたの良いところ見つけてくれますよ!

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日は六本木のニュークラブで経験がある方。話を詳しく聞いてみると、友達から銀座のが働きやすいと聞いていて、今回は銀座でお店を探したいとのこと。ただ、六本木のニュークラブではかなり高額な時給をもらっていたので日給35000円以上を希望していました。そんな今日の女性に合うお店を何店舗かご提案すると、銀座のクラブ『ブレア』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

ブレア
ブレアは新築のビルの6階にあります。私たちがエレベーターで6階に上がりお店に入ると、男性スタッフが出迎えてくれて、メインルームに案内していただきました。

女性がメインルームで面接用紙を書いていると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。

ブレアは9月7日にオープンしたばかりの新店。オーナーママのお店で1日の出勤は25人程度のお店になります。
ブレアのオーナーママはとても若く美人な方。銀座でこの若さで高級クラブを立ち上げるとはかなりの実力者と言えるでしょう。ママが若いからかブレアの客層は40代から50代が中心。銀座らしい紳士なお客さんばかりなので接客はとてもしやすいんです。

出勤女性の衣装はワンピースを着ている人が多く、ドレス:ワンピースの割合は2:8くらい。六本木や西麻布で着ている衣装はそのまま使えます。

ブレア
ブレアは銀座の高級クラブでは珍しく、送りの車を完備しています。タクシーなど自己負担で帰るのが銀座の高級クラブでは基本なんですが、優しいママの配慮で送りの車を完備することになったのです。そのため、銀座の高級クラブでは難しいと言われていた遠方からの勤務も可能となり、現在横浜や町田などから通っている女性もいます。
ママはレンタル衣装も買い揃えてくれていて、経験が浅い人、ブランクが長くすぐに衣装を用意することができない女性でも安心して働けます。

ブレアは高級クラブなので日給水準が高いうえ、月に1度の全体ミーティングでは同伴賞もあるので日給以外でも賞金で稼ぐことができます。ブレアには系列店にカラオケラウンジがあり、そこをアフターで利用するとポイントがもらえる待遇もあります。

ブレア
店内はメインルーム、VIPルーム、バーカウンターという造りになっていました。なんとバーカウンター内には日替わりでDJが来てくれて、Deep Houseなどを流しています。海外のホテルのbarをコンセプトにしたという店内でDJまでいるブレアは、銀座の高級クラブらしからぬ斬新なお店ということで話題になっています。

ブレアはオープンから1か月経過しましたが、年末に向けてまだまだオープニングメンバーを大募集しています。派閥はなく、上下関係もなく、ママも優しいので経験の浅い女性でもブレアなら銀座の高級クラブデビューが簡単にできてしまいます。
銀座はちょっと・・・と思っていた女性でも、体験入店をすればそれがすぐにわかるはず。気になる方は早めに面接に行ってみてはいかがでしょうか。

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。

こんばんは。今日は当サイト「キャバネット」にお問い合わせいただいた赤坂のラウンジ『アモーレ』に打ち合わせに行ってきました。

アモーレ
私は赤坂見附駅から歩いてお店に向かい地下にある店に入ると、男性スタッフが出迎えてくれてメインルームに案内していただきました。

アモーレ
私がここでお茶を飲みながら待っていると、お店の採用担当者がやってきたので、名刺交換をしてからお店のことについて詳しく教えていただきました。

アモーレは今月の1日にオープンしたばかりの新店。どこかのお店がリニューアルということはなく完全新規のお店になります。月曜から土曜の20時からラストまで営業していて、1日の出勤は15人から20人程度。在籍者すべてがオープニングメンバーですから、上下関係や古株など煩わしい人間関係はなにもありません。店内はスケルトンから手掛けたのですべてが新品。新築のにおいがする店内は大理石など天然石をふんだんに使用しており、六本木や銀座のお店に全く引けを取りません。

ラウンジですから私服OK。デニムやTシャツなどカジュアルすぎるのはNGですが、ショートパンツなどはOKになっています。もちろん美容室のセットは必要なし。身なりはキャバ嬢のようにする必要はありませんが、今のところワンピースで勤務する女性が多いということです。

アモーレ
アモーレは固定時給の他にドリンクバック1杯500円から1000円、同伴料は小計の15%、指名料は月の本数によりスライドし小計の10〜20%がもらえます。出勤の遅刻・当欠・無欠のペナルティは就業規則には書いてあるのですが、ラウンジなので現在まで一切引いていないとのこと。今後も出勤のペナルティは引かないと言っていました。

アモーレには、エスコート兼フロアマネージャーの女性スタッフがいるので、いつでも女性目線で相談にのってくれます。男性スタッフには理解できない相談なんかもありますよね。

アモーレに在籍する女性には六本木と銀座で直前まで働いていた方がけっこういます。六本木や銀座は接客やノルマなど要求されるものが多く、赤坂で気楽に働きたいという女性が流れてくるのです。

アモーレ
これはアモーレのVIPルームを撮ったもの。店内はメインルームとこの個室風のVIPルームがある造りになっていました。

アモーレは赤坂駅と赤坂見附駅の中間にあるのでアクセスも良好。この付近は韓国人街というイメージが強いですが、街を歩いていると最近は欧米人を多く見かけます。欧米人しかいない飲食店も何軒か見かけるくらいですから、赤坂はインターナショナルな街としてとても活気づいていました。そんな赤坂の街に目をつけ、ラウンジを持ち込んだアモーレは順調なスタートをきっています。

アモーレ
こちらはアモーレの更衣室を撮ったもの。鍵付きロッカーは1人1個なのでセキュリティもバッチリ。ここも新品ですから清潔感があり衛生面も心配ありません。

アモーレはオープンから順調に営業を続けています。そのため、まだまだオープニングメンバーが必要ということで当サイトにお問い合わせをいただき今日打ち合わせをしてきたのです。アモーレは緩く働くことができますので、六本木や銀座で疲れてしまった方は赤坂で一度リフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

女性の紹介と派遣をご希望の採用担当者の方は、ぜひキャバネットの「各店採用ご担当者様」ボタンから連絡をください。すぐに打ち合わせに行き女性を紹介or派遣させていただきます!

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日は30代の方。話を詳しく聞いてみると20代の時にナイトワークをやっていたのですが、最近は昼の会社で働いていたとのこと。でも昼の会社を辞めてしまったので銀座のお店を紹介してほしいということです。お客さんはいないのでゼロヘルプでも働けるお店がいいというので、そんな希望条件に合うお店をご提案すると、銀座のクラブ『テミス』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

テミス
テミスは並木通り沿いのピアーズビルにあります。私たちがエレベーターで3階に上がるとお店の看板が見えました。私たちがここから店内に入ると、男性スタッフが出迎えてくれてメインルームに案内していただきました。

テミス
女性がここで面接用紙を記入していると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。

テミスは今年で7年目を迎えるお店。ママが4名で1日の出勤は25人程度のクラブになります。テミスは銀座の高級クラブになるので、日給は3万円以上もらっている女性が多く、なかには5万円くらいもらっている女性もいます。銀座の高級クラブと聞くと、プロのお姉さんばかりが働いていると思うかもしれませんが、テミスは昼の仕事をしている女性もたくさん在籍しています。

銀座の高級クラブともなれば、残業やアフターはつきものですが、テミスはモーニングコールの時に言えば、その日は必ず終電で帰らせてくれる制度があります。次の日会社が早いとき、疲れてて早く帰りたいとき、テミスならいつでも終電で帰らせてくれます。

テミス
テミスは残業をするとチケットがもらえます。そのチケット1枚で遅刻15分までOKになっていて、1日に2枚まで使え30分遅刻できるんです。
これなら残業しても総労働時間はあまり変わらないですから、気持ちよく残業できますよね。テミスのお姉さんの中には、このチケットを40枚ほどため込んでいる人もいて、無期限のチケットは在籍している限りいつでも使えます。
しかも、残業したら残業代は係のお姉さんからもらえますし、タクシー代はお店から給料日に一括で支払われます。だから、テミスは残業をするとチケット+残業代+タクシー代のトリプルがもらえるようになっているんです。

テミス
これはテミスのVIPルームになります。これはSVIPと言われており個室になっていました。

テミスはママが4名もいるので、ヘルプをより大事にしてくれるというメリットがあります。ママ同士もライバルですからヘルプの女性の取り合いになりますよね。だから付け指名や付け同伴がよくあるので、ヘルプの女性はお客さんを持っていなくたって大丈夫なんですよ。

テミス
こちらは普通のVIPルーム。テミスはピアノを中央に配置したメインルーム、VIPルーム、SVIPルームという造りになっていました。

銀座の高級クラブともなれば、どこのお店でも残業やアフターはつきものです。それなら、その負担を軽減してくれる制度を整えているテミスで働いたほうがいいですよね。銀座の高級クラブを考えている方は、働きやすいテミスから面接に行ってみてはいかがでしょうか。

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。

こんばんは。今日は20時から銀座のクラブ『アルル』の採用担当者の方と打ち合わせ。私は銀座駅から歩いて向かい、お店のあるビルに到着するとエレベーターで8階に上がりました。

アルル
この看板がある扉を開けてお店に入ると、男性スタッフが出迎えてくれてメインルームに案内していただきました。

アルル
私がここでお茶を飲みながら待っていると、お店の採用担当者がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。

アルルは今年の11月で丸2年を迎えるオーナーママのクラブになります。以前は銀座のクラブ『COCO.de.PARIS (ココドゥパリ)』という店舗名で営業していたので通算すると9年目を迎えます。

アルル
アルルはフロアレディーの他にエスコートとバニーガールも常時募集しています。バニーガールは時給4000円から、エスコートは時給3000円からとなっており、最初はバニーからはじめて慣れたらフロアレディへ、最初はフロアレディからはじめて接客に疲れたらバニーやエスコートと、在籍中にジョブローテーションが可能になっています。

アルルはクラブになりますが、ノルマはありません。他店では月に同伴ノルマ4回程度はありますが、ノルマは課さず伸び伸び働けるのはアルルのいいところ。クリスマスや浴衣など年に4回あるイベント時には1回同伴をお願いすることはあっても、できなくてもペナルティは引かれません。

アルル
アルルの営業時間は20時から24時まで。出勤日数の半分は終電で帰っている女性が多く、在籍女性の大半は昼に仕事をしている副業組です。

アルルはオーナーママのお店なんですが、オーナーママはなんと英語と中国語と日本語が話せるトライリンガル。外国語が話せる人や旅行が好きな人ならママとの相性はバッチリかもしれませんね。

アルル
アルルは数年前にテレビ朝日の『日曜芸人』という番組で、銀座のおススメクラブとして取り上げられました。人脈の広いママですから、テレビ業界へのコネクションもあるのでしょうか。


アルルは11月に2周年を迎えます。周年イベント時にはお店の中心メンバーとして活躍していてほしいということで、この時期に女性を大募集することになったので今日打ち合わせをしてきました。
銀座でノルマなく働きたいなら、まずはアルルに面接に行ってみてはいかがでしょうか。

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。


こんばんは。今日は18時から初回面談。今日は地方から来てくれた方。話を詳しく聞いてみると、以前から東京でナイトワークをしてみたいと思っていて、夏の旅行がてら六本木までお店探しにきてくれました。気に入ったお店があれば、東京の友達の家に住めるのですぐにでも働けるとのこと。そんな今日の女性に合いそうなお店を何店舗かご提案すると、六本木のニュークラブ『リブレット』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

リブレット0
リブレットは『チック』、『ミトス』、『ミュゼルヴァ』などが入る六本木で1番の高級ビルにあります。私たちがここからお店に入ると、男性スタッフが出迎えてくれてメインルームに案内していただきました。

リブレット
女性がここで面接用紙を記入していると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。

リブレットは、全国でナイトワークのお店を展開している業界最大手企業INSOU東日本(株)が経営するお店。六本木のニュークラブ『ミュゼルヴァ』の姉妹店というコンセプトで、9月23日にプレオープン、9月26日がグランドオープンになります。

リブレット
リブレットの給与システムは指名と同伴のポイント制。本指名は1時間1P、場内指名は0.5P、同伴は21時までの入店で2P、21時以降の入店は1Pになります。これを毎月どれだけ獲得できるかで時給がスライドする完全実力主義になっています。これが基本ではあるのですが、女性の得意とする営業スタイルに合わせ給与システムはカスタマイズすることが可能になっています。例えば、ルックスの評価が高く出勤しているだけでお店の華になる女性は長期高額保証時給で、売上のある女性は売上を重視したポイント制で、など女性の個性を活かしてくれる給与体系を提案してくれます。

リブレット
リブレットは日替わりでピアノ、ギター、サックス、バイオリンのライブが楽しめるのも魅力のひとつ。1回30分のライブを1日3公演行い、プロの演奏家がクラシックな世界へといざなってくれます。現在、演奏家のオーディションを開催している最中で、リブレットにふさわしい演奏家がまもなく選抜されます。

店内はメインルーム、VIPルーム、ロイヤルVIPルームという造りになっています。VIPルームは階段を上がった舞台のような場所にあるのですが、実はここ一番目立つ場所なので、気前よくボトルを空けるお客さんには好評なんですよね。誰の目も気にせず遊びたいお客さんには個室のロイヤルVIPルーム。リーズナブルに飲みたいお客さんはメインルームと、店内は様々なお客さんに対応できる造りになっていました。

リブレット
これはロイヤルVIPルームの写真。この部屋はモニターが2つありカラオケができるようになっています。

これだけ豪華なロイヤルVIPルームがあるのに、リブレットの女性は私服OK。規定がありカジュアルすぎてはダメですが、下はショートパンツでもOKになっています。髪の毛は基本自由ですが、店内には2名のヘアメイクさんが常駐しています。ちょっと綺麗に見せたい日は1回2000円で利用可能(同伴時は1500円、体験入店時は1000円)。セットが終わり、接客中に髪形が乱れてきたら何度でもやり直しができます。

リブレット
これはもう一つのロイヤルVIPルーム。こちらは70インチはある大型モニターがあり、やはりカラオケができるようになっていました。

店内はすべてが豪華な仕様になっています。それもそのはず、リブレットは六本木でも一番家賃が高いビルにあり、しかも1階の路面店。立地から他店とはお金のかけ方が違います。

リブレットは全国的に知名度があるナイトワークの最大手企業INSOU東日本(株)が経営するお店。だから、入店希望者が全国からやってくる傾向があります。なので、会いたくない女性がいたり、お客さんがかぶってたり、しがらみがあったり、そういうリスクが少ないのも地元店にはない特徴でしょうか。せっかく新店に入ってもフレッシュさがないのも嫌ですよね。

リブレットは来月のオープンに向けて現在オープニングメンバーを大募集しています。すでに半数近くは集まっていますが、六本木以外の街から来たフレッシュなメンバーが多数。ナイトワーク最大手企業が経営するお店ですから、給与の未払いなど一切心配する必要はありません。そんなリブレットが気になる方は早めに面接に行ってみてはいかがでしょうか。

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日は昼間OLをしている方。話を詳しく聞いてみると、客層の良い銀座のお店を希望とのこと。ママが優しく働きやすいお店がいいというので何店舗かご提案すると、銀座のクラブ『トパーズ』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

トパーズ
トパーズは銀座7丁目にあります。私たちはエレベーターで3階にあがりお店に入ると、男性スタッフが出迎えてくれてメインルームに案内していただきました。右側の入口がトパーズで、左側の入口が系列店のカラオケ『ステラ』になります。

トパーズ
女性がここで面接用紙を書いていると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。

トパーズは今年の11月で35周年を迎える老舗中の老舗。なんと同じビルで35年前から営業しています。
トパーズのお客さんの料金体系は今でもオープン当初のままでタイムチャージなし。お客さんはオープンラストまでいても料金があがることはないので、ゆっくり飲むことができます。昔の銀座はタイムチャージなしで時間を気にせず飲めるお店が多かったのですが、今はタイムチャージがない高級クラブは銀座にはほとんどなくなってしまいました。(銀座のミニクラブにはタイムチャージなしのお店はあります)
古き良き時代の銀座のクラブそのままにトパーズは現在まで営業を続けているのです。

そんな料金体系だからか、お店の雰囲気も落ち着いていてオーナーママもとても優しく、働き心地は銀座でもトップクラス。在籍女性のなかには10年以上勤務する方や、出戻りする方もいるくらいですからね。

トパーズ
トパーズの営業時間は20時から24時まで。23時45分にはエンディングが流れるのでお客さんの帰りが早く、高級クラブなのに週に何日かは終電で帰れることもあります。出勤女性の服装はドレスとワンピースが半々。だから毎日ワンピースでも浮かないですし、黒の衣装は1日5人まで着れることになっています。

トパーズのオーナーママはオープンから35年間ここで働いているのですが、なんとお酒はほとんど飲みません。それでも35年間ママを続けてきたのですから、ナイトワークはお酒が飲めない女性でも十分やっていけるのです。

トパーズ
トパーズの店内はこのメインルームだけのシンプルな造りになっていました。トパーズは女性にもお客さんにも居心地が良いお店なので、お客さんの入りが良くほぼ毎日満卓になります。銀座でもここまで安定してお客さんが入っているお店は少ないですから、暇なお店は嫌だ!という女性にもトパーズはおススメです。

古き良き時代の銀座のクラブを感じることができるトパーズ。今どきのクラブに疲れたらぜひトパーズで働いてみてはいかがでしょうか。

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日は六本木や西麻布のラウンジで働いていた方。話を詳しく聞いてみると、終電で帰れるラウンジを希望とのこと。今まで働いていた六本木や西麻布のラウンジはラストまで働けないと出勤調整になることが多かったようで、新しいお店を探したいと言っていました。終電で帰れるお店を何店舗かご提案すると銀座のラウンジ『プラチナム6』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

プラチナム6
プラチナム6は銀座6丁目にあります。私たちがエレベーターで6階に上がりお店に入ると、男性スタッフが出迎えてくれてメインルームに案内していただきました。

プラチナム6
女性がここで面接用紙を書いていると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。

プラチナム6は昨年オープンし、今年の2月15日にリニューアルオープンしたばかりのお店。リニューアルを期にややキャバクラ寄りに就業規則が変わりましたが、ラウンジとして営業しています。
時給はポイントや成績に連動することはなく基本的には固定時給制。時給以外に本指名料は1時間2000円で延長30分ごとに2000円がもらえます。3時間お客さんがいれば6000円になります。場内指名は3000円。同伴が小計の30%と手当てがかなり稼げるようになっています。他にボトルバックと売上バックがあり、固定時給なのに手当てがかなり充実していました。

プラチナム6
お店は月曜日から金曜日の20時から1時まで営業していますが、銀座なので23時30分上がりもOK。千葉・埼玉・神奈川に住んでいる方でもその時間にあがれば帰れますよね。プラチナム6は六本木や西麻布のラウンジから移籍してくる方が多く、その方たちに移籍理由を聞くと、「早く上がりたい」、「客層が良いお店で働きたい」というのが多いですね。

1日の出勤人数は15人から週末で20人くらい。ほぼすべての女性が学生やOLなので、銀座らしいホステスさんは全く見かけません。

プラチナム6
この写真はVIPルームを撮ったもの。プラチナム6はメインルームとVIPルームという造りになっていました。銀座らしい落ち着いた内装で、営業中も落ち着いた雰囲気なので、西麻布や六本木のラウンジのような賑やかな雰囲気は苦手という女性にはピッタリな環境ではないでしょうか。アフターに行くことも少なく、たとえ行ったとしても銀座のお客さんは帰りが早いですから、すぐに帰れるのも西麻布や六本木にはないところ。朝までアフターなんてまずありません。

プラチナム6
銀座の落ち着いたラウンジ・プラチナム6は落ち着いた清楚系の女性を大募集しています。時給は4000円から5000円出ることが多いので、時給水準はラウンジではやや高め。それでいて手当てもかなり充実。プラチナム6なら他のラウンジよりも稼げると思いますよ!

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。

こんばんは。今日は未経験の10代の方。話を詳しく聞いてみると、大学が東京にあるので学校帰りにアルバイトをしたいとのこと。ただ、家が都心から1時間はかかるところにあるので、23時までしか働けないという希望条件がありました。そんな希望条件を満たすお店を何店舗かご提案すると、銀座のキャンパスカフェ『バッドガールズ』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

銀座バッドガールズ
銀座バッドガールズは銀座駅と新橋駅の中間くらいの場所にあります。私たちはここから階段をおりてお店に向かうと、入口で男性スタッフが出迎えてくれて、メーンルームに案内していただきました。

銀座バッドガールズ
女性がここで面接用紙を記入していると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。

銀座バッドガールズは今年の9月で9周年を迎えるお店。系列店には六本木店と赤坂店もあります。ガールズバー、ラウンジのハシリと言われるバッドガールズは、オープン当初よくメディアにも取り上げられていたものです。このお店から独立した男性スタッフが西麻布でラウンジをオープンし、ナイトワーク業界でラウンジという形態が確立されました。

銀座バッドガールズは月曜日から土曜日の16時30分からラストまで営業しています。オープンが16時30分からなので、一番早くて19時30分に上がることが可能。今日の23時上がり希望の女性でも余裕のシフトが組めてしまいます。
キャンパスカフェというくらいですから、在籍女性の大半は女子大生。ただ、居心地が良く大学を卒業しても働き続ける女性もいるため、女子大生以外でも働けます。服装は自由、髪形も自由、ノルマも罰金もなし、大半が女性大生なので、大学のサークル活動と勘違いしてしまうかもしれません。

銀座バッドガールズ
ノルマはありませんが、時給以外にリクエストバック、同伴バック、ドリンクバックがあります。ハロウィンなどのイベント時には、強制ではないですが仮装したら特別手当の支給もあるんですよね。

バッドガールズは街で宣伝カーを走らせたり、男性スタッフが昼間からビラ配りをしているので新規のお客さんの導入にも積極的。お店もフリー指名制ですから誰に営業をかけてもOK。頑張りたい女性には最適な環境が整っているから、手当てでしっかり稼ぐことができます。

銀座バッドガールズ
バッドガールズは全店舗でビュッフェのサービスがあるんです。これはオープンから20時30分までお客さんと女性は食べ放題。無くなればシェフがすぐに補充してくれるので、どんなに食べてもOKなんですよ。今日のメニューはピラフ、グリーンカレー、サンドイッチ、グラタン、冷製パスタ、サラダ、おつまみのオードブル。毎日日替わりで7品はならんでいますので、飽きることはありません。他の日には、おでんや焼きそばやスイーツもあるから、一人暮らしの女性は食費も浮いてしまいますね。

銀座バッドガールズ
銀座バッドガールズはみんなの仲が良いのも特徴なんです。サークル感覚のお店なので、怖いママや古株のお姉さんもいません。オフの日にはみんなで遊びに行くこともあり、昨年はお店の男性スタッフと女性たちで、バスを貸し切り千葉の海にバーベキューに行ってきました。バッドガールズの雰囲気なら参加者も多く、今年も予定されています。

銀座バッドガールズは、銀座の街で一番緩い条件で働くことができます。お酒を飲んで、おいしいご飯を食べて、時給までもらえるアルバイトは銀座ではバッドガールズだけ。気になる方は夏休み前に面接に行ってみてはいかがでしょうか。

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日は30代の方。話を詳しく聞いてみると、急にお金が必要になり、ナイトワークを初めてみたいとのこと。ただ、30代でも働けるお店があるのかかなり心配していました。銀座には30代を好むお店がけっこうあるので、そんなお店を何店舗かご提案すると、新店の銀座のラウンジ『テゾーロ』に興味を持ってもらったので面談後に早速お店に面接に行ってきました。

テゾーロ
銀座7丁目の隠れ家的なビルに到着し、エレベーターで5階にあがりお店に入ると、社長自ら出迎えてくれてメインルームに案内していただきました。

テゾーロ
女性がここで面接用紙を書いていると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。

テゾーロは6月1日にオープンしたばかりの新店。男性の社長が1名と女性が7名程度で営業しています。銀座のお店ですがママはいなくて、お客さんは社長が一人ですべて呼んでいるんです。だから女性は完全ヘルプに徹することができるのでノルマは全くありません。さらにママがいないのと、女性がすべてオープニングメンバーということで、上下関係や派閥も全くありません。

テゾーロの店内は写真に写っているだけのコンパクトな造りになっています。オープンしたばかりとあって、店内にはお祝いの花がたくさん飾られていました。

テゾーロ
時給は4000円程度ですが、美容室も強制ではなく、私服のワンピースで働けるから西麻布や恵比寿のラウンジ感覚で働けます。でも客層は銀座らしい紳士的な方ばかりなので、西麻布や恵比寿のお店のような若い派手なタイプのお客さんはまず来ません。

手当ても含めた日給全額を日払いしてくれるので毎日が給料日。ラウンジどころか派遣感覚でも働けます。
営業時間は20時から24時なので終電上がりも十分に可能。遠方に住んでいる人なら23時30分に上がらせてくれます。

テゾーロ
テゾーロとはイタリア語で宝という意味。社長が宝のようにお店も女性もお客さんも大切にしたという想いから名づけられました。

銀座のラウンジは数少ないですから、気になる方はぜひ早めに面接に行ってみてはいかがでしょうか。西麻布や恵比寿のラウンジよりも客層がいいですから働きやすいですよ!

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日は郊外のキャバクラで働いていた方。話を詳しく聞いてみると、実家住まいなので、親にはバレたくないとのこと。だから、終電で帰れて髪の毛のセットはしたくないと言っていました。そんな条件に合うお店を何店舗かご提案すると、銀座のミニクラブ『花恋』がおススメだと思ったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

花恋
花恋は銀座8丁目のウォータータワービルにあります。私たちがエレベーターで8階にあがりお店に入ると、男性スタッフが出迎えてくれて、メインルームに案内していただきました。

花恋
女性がここで面接用紙を記入していると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えてくれました。

花恋は2007年11月にオープンしたお店。オーナーママが1名、雇われママが1名で、ヘルプの女性が7名くらい出勤するミニクラブになります。ミニクラブなので美容室の強制はなし。服装もワンピースなら比較的なんでもOKになっています。今日の女性は終電上がりが希望ですが、もちろん花恋は毎日終電上がりが可能。もし、残業した場合は、しっかり時給が支給され送りも無料でついています。

花恋
ミニクラブなので時給は4000円くらいですが、ノルマが全くないので成績を気にせず働くことができます。花恋のオーナーママは美人なので、ママ自身の力だけでお客さんがよく来店してくれます。だから女性は、ヘルプ業務だけに専念すればいいので、派遣スタッフのように気楽に働くことができるんですよね。銀座のお店ですから客層も良く、六本木・西麻布・歌舞伎町でよく見かける派手なタイプのお客さんはまずいません。

花恋は時給以外に同伴料3000円、本指名3000円が別途支給されます。日払いは半額までできますので、すぐにお金が必要な時も安心です。

花恋
花恋はメインルームとカウンターだけの造りになっていました。メインルームではカラオケができるようになっていて、いつも店内はアットホームで一体感ある雰囲気で営業しています。

花恋は有名高級クラブが軒を連ね銀座の一等地に建つウォータータワービルにお店をかまえています。内装も豪華ですから、花恋の女性は気楽に働きながらも、プロのホステスさんが集う銀座のナイトワーク最高峰の舞台で働くことができます。
気楽には働きたい、でもやるからにはナイトワーク最高峰の街銀座の一等地で働きたい、花恋ならそんな相反する2つの希望条件を叶えてくれますよ!

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。

こんばんは。今日は18時から初回面談。今日は全くの未経験者。話を詳しく聞いてみると、ナイトワークを初めてみたいのですが、まだ不安なので最初はカウンターレディやウエイトレスをやってみたいとのこと。場所は六本木を希望していたので、合いそうなお店を何店舗かご提案すると六本木のラウンジ『ポテト』に興味を持ってもらったので、面談後に早速お店に面接に行ってきました。

ポテト
ポテトは六本木交差点から徒歩1分ほどのところにあります。私たちがこの看板を見つけ、エレベーターで4階にあがりお店に入ると、男性スタッフが出迎えてくれてメインルームに案内していただきました。

ポテト
女性がここで面接用紙を書いていると、面接官がやってきてお店のことについて詳しく教えていただきました。

ポテトは今年の4月にオープンしたばかりの新店。カラオケラウンジのようなお店なので、お客さんがこのメインルームでお酒を飲んだり、カラオケをしたりして楽しむお店になります。営業時間は月曜日から金曜日の21時から翌5時まで。1日3時間以上働けばいいので、終電上がりでも、キャバクラで働いた後1時からの勤務でも、オープンラストの通し勤務でも自由にシフトを組むことができます。


ポテト
女性は奥のカウンター内で洗い物をしたり、フードを取り分けたり、話し相手になったりすることが仕事になります。時給は2000円以上ですが、ドリンクバック(1杯300円〜)もあるので、普通の飲食店のバーテンダーに比べれば高待遇。キャバ嬢ではないですから、ノルマやペナルティは一切なく、営業活動なんてする必要もありません。スカートであれば服装は自由なので、学校や会社帰りにそのまま働けてしまいます。これなら今日のような未経験者でもすぐ働けそうですよね。

六本木ポテト
ポテトは、六本木の高級クラブで長く働いてきた方が独立してできたお店。だから六本木の高級クラブのお客さんがアフターとして利用することが多くいつも混み合っています。アフターはお姉さんたちも来るから、話し相手はお姉さんたちがしてくれるので、カウンターレディは話し相手の負担は少なくて済みます。
高級クラブのお客さんは富裕層の方が多いですから、カラオケを歌ったとき、話し相手になったとき、お客さんのお酒を作ったとき、様々な場面でチップをくれることもあります。その日の日給よりもチップのほうが多かったなんて女性もいたくらいですから、ポテトのカウンターレディは意外と稼げてしまいます。

ポテトは4月にオープンしたばかりで、まだまだスターティングメンバーを大募集しています。ポテトはイケメンスタッフが揃っていますから、それを目当てにした女性客もチラホラ来店します。
ナイトワークは抵抗がある、でも時給は高めで富裕層と知り合う仕事がしたい、そんな希望条件ならポテトのカウンターレディはいかがでしょうか。

女性のためのキャバクラ紹介&派遣サイト
『キャバネット』
http://www.kyabanet.jp

※当ブログの内容を無断で使用することは著作権侵害となり、法的に罰せられるほか損害賠償を請求されることがあります。

このページのトップヘ